サロメ

June 17 [Sun], 2012, 3:10
6月1日、『サロメ』を観に新国立劇場へ。
平野×亜門。これは観ないワケにはいきません。

作:オスカー・ワイルド
翻訳:平野啓一郎
演出:宮本亜門
主演のサロメは多部未華子ちゃんです。

サロメと言われて浮かぶのは、斬首した預言者ヨハネの首を銀の皿に置いてサロメが口づけするという有名なラストシーン位で…。
事前にある程度勉強して臨みました。

長らくスタンダードであった従来のサロメ像は魔性の女。
平野氏は新訳では本当のサロメの魅力は少女性であるとし、少女(処女)故の無邪気な残酷さを強調したかったということでした。そこで多部ちゃんか。

あっという間の一時間半。『金閣寺』が3時間だったのでえらい短く感じましたね〜。
印象的だったのは「赤」の使い方ですね。
私は一つ謎に思ったことがあったんですが…。ラスト近くのかなりの重要な場面を原作通りに演出しなかったのです。こればかりは亜門さんに聞いてみないとわかりません。



舞台装置模型↑

亜門さんがいらっしゃってたのを発見したので図々しくもサインをお願いしました。そして写真まで(^_^;)少しお話してくださいました。
三島由紀夫が凄く好きだという事と、金閣寺とサロメはコインの表と裏、ということを仰っていたような。
折角機会があったのにあの時尋ねればよかったなぁと後で後悔。

余談。偶然弟も同じ日の同じ時間に友達と行くという事を聞いて吃驚してたら、更に前列だったという…。
ヘロディアとサロメ母娘ではないけど血は争えないということでしょーか。

オスカー・ワイルドと言えば一番有名なのは童話『幸福の王子』ですよね。私はこの話のあらすじ殆ど記憶にないんですけど…。(美容師さんに詳しく教えて貰いました笑)
ワイルドという人物を知って行くうちに読みたくなったのが長編小説『ドリアン・グレイの肖像』。
まだ色々積んでるので今年中に読めたら笑

サロメは1960年に岸田今日子主演で三島由紀夫も演出しています。三島由紀夫が初めて買った本がサロメだそうです。
ということで三島の映画に続きます。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:左手
  • アイコン画像 血液型:A型
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
アイコン画像もーちょこ
» サロメ (2013年02月26日)
アイコン画像左手
» yummy yummy (2012年06月16日)
アイコン画像もんこ
» yummy yummy (2012年06月06日)
アイコン画像左手
» yummy yummy (2012年05月23日)
アイコン画像Karna
» yummy yummy (2012年05月21日)
アイコン画像左手
» スパゲッティの年に(お料理メモ) (2011年12月06日)
アイコン画像左手
» スパゲッティの年に(お料理メモ) (2011年12月06日)
アイコン画像みっちー
» スパゲッティの年に(お料理メモ) (2011年12月02日)
アイコン画像もんこ
» スパゲッティの年に(お料理メモ) (2011年12月01日)
アイコン画像左手
» HEN (2011年11月29日)
Yapme!一覧
読者になる