高いところ 

December 09 [Sun], 2007, 22:55
ふろ何となく見上げたら、すごく高いところに

人らしき面影が。


写真じゃわかりづらいんですけどね。

電線沿いの中央の点は人です。

どこから来たのかというと、300m位離れた

鉄塔(?)からだと推測され。

思い出しながら関西のことE 

November 28 [Wed], 2007, 14:50
岡山駅を通って


割と駅近くのIMAGEへ。

昨年秋ごろオープンしたてみたいで、

機材やステージ等も綺麗。

カフェなんかもあって食事も出来る。

でも、折角来たのだから、スタッフさんに聞いて

お薦めのお店を紹介してもらった。

名前は忘れちゃったけど、普通の食堂っぽいのに

すごい混んでる。

メニューは色々考えてカツどんとラーメンのセット。


岡山のカツどんはデミグラスソースがかかっているのが

特徴らしい。

思い出しながら関西のことD 

November 28 [Wed], 2007, 14:45
岡山なので岡山城へ。安直だけど。


観光協会のおっちゃんらしき人物から

ウンチクを聞く。おっちゃんNHKの元会長に似てる。

この日は菊祭りらしく。


地味ーにやっていた。

コンテスト見たいな事もしてたみたいで、

それぞれの菊に"〜賞"とか"〜大賞"とか付いていたのだが、

ボクにはその違いがわからず。むしろ微妙な名称の賞を受賞

していた菊が一番シッカリしていたような。

思い出しながら関西のことC 

November 28 [Wed], 2007, 14:40
神戸のあとは岡山へ。

下道で3時間くらい。

まだ夜も明けないので漫画喫茶で休憩。

この辺の下調べは抜かりなく、

シャワーとか食事とか完備の所。

普段漫画喫茶とか行かないので、

ここぞとばかりに漫画を読むので、

結局寝たりの休憩は出来ず。

それも楽しくはあるのだけど。

思い出しながら関西のことB 

November 28 [Wed], 2007, 14:35
神戸の夜も吹ける頃

Devoirのカイトちゃんに教えてもらった

すごいウマイあんかけうどん屋が近いと言うことで

空いた時間を利用して行って来ました。


どんなもんかは食べた人しかわからぬ様、

あえて食した後の画ですが。

八宝菜あんかけみたいな感じのモノを注文したんだけど

後にお薦めはカレーうどんである事を知り、チトがっかり。

思い出しながら関西のことA 

November 28 [Wed], 2007, 14:28
神戸到着。

ArtHouseの横にはあの紀香も挙式した

生田神社があるわけです。



2回目の神戸ですが初めて知りました。

社会化見学らしき小学生に混じって

しっかりお参りしておきました。

思い出しながら関西のこと@ 

November 28 [Wed], 2007, 14:19
朝4時の出発だったはず。

一路神戸まで向かっている最中です。


実は山梨・長野辺りの紅葉がすごく綺麗で、

ソレを収めるべきだったのに。

なんの変哲も無き道中。

しかし、高速道路は眠くなります。

結構頻繁に落ちます。

同乗者の協力なくして到着せず。

あぁ〜 

November 23 [Fri], 2007, 1:01
EURO2008 

イングランド予選敗退・・・。

24年ぶりらしい・・。

なんてこった!

チョコっと関西へ 

November 13 [Tue], 2007, 15:12
3箇所ほどライブなどに行ってまいりました。

なかなか充実した感じ。

ただ岡山でギターアンプがリハの段階で「ブ〜」とかいって

駄々をこねまして。結局岡山ではアンプ借りて。

次の日の大阪でリハでは大丈夫だったので、すっかり忘れてたら、

本番で「ブ〜ッ」ってなって。

でもビックリするほど冷静で。

そういう意味でも小さな事にはこだわらないという感じで

気持ち的に充実していたのでしょうきっと。

チョットずれますが、今回は結構美味しいもの食べました。

最後はPAでの食事でしたが・・・。

『セットリスト』

11/9 
神戸Art House

〜SE〜
1.in the escape
2.nemo
3.うたかた
4.螺旋のネジ
5.カエラズノ森

11/10 
岡山IMAGE

〜SE〜
1.faith
2.暁
3.青の先にあるもの
4.螺旋のネジ
5.カエラズノ森

11/11 
大阪心斎橋FAN J

〜SE〜
1.in the escape
2.nemo
3.青の先にあるもの
4.螺旋のネジ
5.暁

民主党党首のこと 

November 08 [Thu], 2007, 1:10
ここ最近の政界があわただしい。

個人的見解では小沢・民主党、ハメられたな、といった感想。

裏で描かれたシナリオがあった感じがするな。

シナリオ通りにいかず、といったところでしょうか。

しかしこういうニュースが報じられると、

評論家とか町の声とか、非常に煩わしい。

主観のイデオロギーを公然と放つことに危機感すら感じます。

メディアは事実を正確に伝えるコトに徹するべきだと思う。

表現の自由もあるが、世論をコントロールする事も出来る危うさを

表現・報道の責任として念頭におくべきなのだ。

と自分に言い聞かせつつ、この思考もまた主観で公然のブログという

土俵で表現している矛盾をお許し下さい。