【 更新情報 】

スポンサード リンク

学資保険はJAって。。

JA(農協)学資保険「こども共済」の一番の特徴は、掛け金が安いことです。JAは民間の保険会社と違って、非営利団体で、また、CMに宣伝費をかけない、セールスレディや営業マンが、積極的に保険のセールスを行っていますが、JA(農協)学資保険は通販が主体です。それで、安い掛け金が実現するのです。
JAの学資保険の割戻金制度
割戻金制度という毎年の決算で余剰金が発生した場合に、加入者に還元するという制度です。JA(農協)学資保険に入るためには、農協の組合員か、準組合員にならなければいけません。出資金を支払うことで、サラリーマンでも誰でも農協の準組合員になることができます。
ひとつ注意しなければならないのは、民間の保険会社は、その保険会社が破たんした際には、「保険契約者保護機構」制度というので、守られますが、JAの共済保険にはこの制度は適用されません。
JA(農協)の学資保険である「こども共済」は、あなたのお子さまの、幼稚園、小学校、中学校、高校、大学の入学の際に、お祝金を受け取ることができます。
*JAこども共済には、入学祝金タイプと大学進学タイプがあり、入学祝金タイプの場合は「入学祝金」、大学進学タイプの場合は「学資金」を受け取ることができます。
JAの学資保険は、いわゆる掛け捨てタイプではないので、満期時には満期共済金として、一定の払戻率の払戻金を受け取ることができます。
特約やオプションで、医療保障や養育年金などの保証を上手にカバーすれば、税金面・融資面・生命保険との兼ね合いでも、JA共済の学資保険である「こども共済」は、他の学資保険と遜色ありません。
学資保険のなかでも、養育年金付きであれば、両親に万が一のこと(死亡)または第1級後遺障害状態・重度要介護状態があったときは、毎年、養育年金を受け取ることができます。その上、それから先の保険掛金の支払いはいらず、お祝金と満期共済金は通常通り受け取ることができて安心です。
共済金割増支払特則付きなら、お子さまに万が一(死亡)または第1級後遺障害状態・重度要介護状態のことがあった場合、年齢に応じて共済金が割り増しして支払われます。

JAの学資保険の特徴

JA(農協)学資保険の一番の特徴は、他の保険会社よりも、掛け金が安いことです。
JA共済には毎年の決算で余剰金が発生した場合に、加入者に還元するという割戻金制度というものがあります。
JA(農協)学資保険に入るためには、農協の組合員か、準組合員でないければなりません。出資金支払うことで、サラリーマンでも誰でも農協の準組合員になることができます。
保険会社が破たんした際には、「保険契約者保護機構」制度というので、守られますが、JAの共済保険にはこの制度は適用されません。
入学祝金タイプの場合は、子供が幼稚園・小学校・中学校・高校・大学等の入学適齢期に、お祝金を受け取れます。大学進学タイプの場合は、大学入学時に「学資金」を受け取れます、子供の入学に必要な費用を無理なく準備することができます。
掛け捨てタイプではありませんので、満期時には満期共済金を受け取れます。
養育年金付きの場合、ご契約者に万一(死亡)または第1級後遺障害状態・重度要介護状態のときは、養育年金を毎年受け取れます。また、以降の共済掛金の払い込みは不要のうえ、お祝金と満期共済金は通常どおり受け取れます。
共済金割増支払特則付きであれば、子供に万一(死亡)または第1級後遺障害状態・重度要介護状態のとき、年齢に応じて共済金を割増して支払われます。
学資保険の返戻率はそれ程民間に比べて高くないようです。

JA 学資保険のオプション

まず、医療保障を充実する特約 全入院特約があります。
・病気または災害により入院した場合、1日目から入院共済金が受け取れます。
・1回の入院につき最高200日まで保障されます
・入院日数は支払い通算限度がありません(特定の疾病を除く)
・がん入院全保障特則付なら、入院日数は無制限です。しかも、入院共済金は倍額で受  け取れます。
・病気または災害により手術した場合、手術共済金が受け取れます。
次に、通院特約があります。
 病気で5日以上継続入院または災害で5日以上入院前100日以内、退院後200日以内の通院の場合、1回の入院に付いて50日を限度に支払われます。
次に災害に対する保障を充実する特約 災害給付特約があります。
・交通事故などの災害、またはコレラなどの所定の特定感染症による死亡、第一級後遺障害状態、重度要介護状態を保障します。さらに、災害による所定の状態になっても保障します。
さらに、共済金のご請求をあらかじめ指定した方が代理請求できる特約 指定代理請求特約があります。
これは、被共済者の方が共済金を請求できない身体状況にある場合など、被共済者の方に代わって所定の代理人(戸籍上の配偶者・直系血族・兄弟姉妹・同居または同一生計の3親等内の親族)の方が共済金の請求を行うことのできる特約です。

学資保険ランキングについて。。

学資保険ランキングってのが今やインターネットで確認できますね!
学資保険は色々な企業がおこなっていますが、それらの学資保険について色々な側面から判断したのが学資保険ランキングのようです。

しかし、学資保険ランキングを見る時に、実際 自分の家庭の考え方に色々と照らし合わせてランキングを未定か無いといけないのかもしれませんね。。  お子さんが男の子か女の子か、また最終学歴は大学まで通わせるのか、短大なのか、それも自宅から学校に通わせるか、どうかも判断材料になってくるのかもしれません。

また、子供の為の積み立て貯金として学資保険を考えると、毎月の学資保険の支払額も大きくなってきます、だから各ご家庭の状態と良く考えて学資保険を選ばなければいけないのかもしれません。 
学資保険ランキングは、一般的な判断材料にはなるのですが、それだけで決めるのは難しいってのが私自信の考えです。

今では、ライフプランナーという専門の方々が保険会社にはいるようですし学資保険ランキングで気になる企業を確認し、その会社のライフプランナーに相談するのが一番なのかもしれませんよね。。