注意していても突然起こる子どもの誤飲!防ぐ方法は?

November 02 [Sun], 2014, 17:15
私の家には7歳の長男と2歳の長女がいて、
いつもおもちゃの取り合いをしています。

ある日もいつものようにおもちゃの取り合いをしていると、
突然長女が号泣していました。

どうしたの?と理由を聞くと「おもちゃを飲んじゃった」とのこと。

飲み込むつもりなんてなかったのに、
長男に取られまいと口の中に入れたら勢いで飲み込んでしまったと泣き出しました。

片手に持っていたのは、プラスチックのブロックのパーツで、
そんなに簡単に飲み込むことができるようなサイズではありません。

でも、隣で「どうしたらいいの?」と言いながら泣く長女。

一生懸命、長男もそのときの状況を説明してくれ、
喉に詰まらせたときの吐き出させかたも分からず、どうしようと右往左往しました。

かかりつけの小児科に電話しようにも、夜9時で小児科はすでに閉院。

インターネットで色々と調べたところ、気管に詰まっている様子はなかったし、
飲み込んだものが電池など危険なものではなかったので、翌日小児科に行くことにしました。

小児科で診てもらった結果は、苦しくなさそうなら2〜3日様子を見て、
とりあえず食べ物と一緒にうんちとして出てくるのを待つしかないですね・・・とのこと。

お腹がいたくて泣き続けていたり、血便が出たりとか、
明らかに様子がおかしい状況になったら、また来てくださいと言われました。

なんとなくホッとしたような、でも不安なような感じで待つこと3日、
・・・無事におしりから出てきました。

でも、今回夫婦で強く反省したのは、
長女が飲み込んだおもちゃは、最近使っていないおもちゃだったのに、
ずっとおもちゃ入れの隅に放置されていたおもちゃであったこと。

いつも、要らないおもちゃを整理しなきゃいけないな〜と思いながら、
できないままいたところ、今回の誤飲が起きてしまったことでした。

誤飲が発覚したとき、なんで今まで整理しなかったのかと後悔しました。

インターネットで誤飲しない方法を調べると、
基本は子どもの手の届く高い場所などに誤飲しそうなものは置いておくという方法が
紹介されていましたが、おもちゃの場合はそもそも難しいと思いました。

そこで、やっぱり「要らなくなったおもちゃは処分する」のが
一番効果的だという結論に達しました。

もったいないけど、ごちゃごちゃしていると何を飲み込んだのか、
そもそもどこかで失くしたのではないか、など、そもそも誤飲かどうかも分かりません。

その後、1〜2週間のスパンで子どもが遊ぶ姿を見て、
遊んでないものは処分しました。

子どもが遊ぶものが大分すっきり減ってしまいましたが、
子どもの片付けも早くなり、誤飲以外にもいい効果があったと思います。

みなさんも、心当たりがあるなら思い切って処分してみてはどうですか??

▼思い出のおもちゃをただ捨てるのはもったいない!どうせなら少しでもお金に変えましょう▼


P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:けいすけj9n4vwyd
読者になる
2014年11月
« 前の月    |    次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる