犯罪死「見逃し」39件=12年間、時効1件−誤認の大半、検死官臨場なし・警察庁(時事通信)

April 29 [Thu], 2010, 15:04
 いったん事故や自殺と判断したのに、後に事件性が判明した犯罪死の見逃しが1998年以降、全国で39件あったことが23日、警察庁のまとめで分かった。38件は殺人や傷害致死事件として立件されたが、1件は時効後に見逃しが発覚した。このうち、検視官が臨場したのは10件で、解剖は5件にとどまった。
 見逃しのうち、死因の見極めを誤ったのは22件で、首を絞められて窒息死したのに、心臓死や脳出血などと判断したケースがあった。検視官が臨場したのは3件、解剖は2件で、同庁は「臨場などの機会が増えれば、判断の誤りを減らせる可能性はある」としている。
 捜査が徹底されずに犯罪性を見落としたのは17件で、水死の原因が突き落としだったり、外傷性脳障害の原因がハンマーでの殴打だったりしたことなどを見逃していた。 

【関連ニュース】
駅ホームから突き落とす=殺人未遂容疑で男逮捕
ホームから男性突き落とす=電車内で電話、注意されもみあい
保育所経営の女、書類送検へ=乳児死亡で業過容疑
マッサージ器で男性死亡=誤使用し窒息
保育施設の元園長ら書類送検=うつぶせに寝かせ乳児死亡

民家で火災 60歳独居男性が死亡 東京・品川(産経新聞)
現行計画、くい打ち方式でも拒否=名護市長(時事通信)
<文科省>情報通信技術活用した教育推進 懇談会が初会合(毎日新聞)
高速新料金で前原氏が小沢氏を批判「二律背反だ」(産経新聞)
ファミマにレインコート強盗11万円奪う 兵庫・姫路(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j9muhn5i/archive/13
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。