菅首相「基地問題どうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」と発言 喜納参院議員が暴露(産経新聞)

June 16 [Wed], 2010, 16:11
 菅直人首相が副総理・国家戦略担当相だった昨年9月の政権交代直後、民主党の喜納昌吉参院議員(党沖縄県連代表)に対し、「基地問題はどうにもならない」「もう沖縄は独立した方がいい」などと語っていたことが15日分かった。

 首相は23日に沖縄訪問を予定しているが、就任前とはいえ、国土・国民の分離を主張していたことは大きな波紋を呼びそうだ。

 喜納氏が、鳩山前政権末に記した新著「沖縄の自己決定権−地球の涙に虹がかかるまで」(未来社)で明らかにした。

 この中で喜納氏は政権交代後、沖縄の基地問題に関して菅首相と交わした会話を紹介。喜納氏が「沖縄問題をよろしく」と言ったところ、首相は「沖縄問題は重くてどうしようもない。基地問題はどうにもならない。もうタッチしたくない」と漏らし、最後は「もう沖縄は独立した方がいい」と言い放ったという。

 喜納氏は著書の中で「半分ジョークにしろ、そういうことを副総理・財務相であり、将来首相になる可能性の彼が言ったということ、これは大きいよ。非公式だったとしても重い」と指摘している。

【関連記事】
菅首相「沖縄との会話が改めて始まった」
菅首相、沖縄県知事と初会談 辺野古移設伝達に知事は「極めて厳しい」
民主外交安保公約判明 普天間「日米合意基づく」 中国に国防政策の透明性求める
首相、戦略相問題は厳重注意で幕引き、普天間では責任回避 
民主沖縄、擁立を見送り 「普天間批判に勝てぬ」

守った・勝った・夢つないだ…興奮の波、各地で(読売新聞)
<南アW杯>日本と意外なかかわりも…1次リーグ開催3都市(毎日新聞)
全国郵便局長側 国民新に8億円 「露骨な利益誘導」指摘も(産経新聞)
菅−亀井会談 郵政法案「成立期す」を確認(産経新聞)
参院選 守谷市広報早々「7月11日投開票」…見切り発車(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j8xk2fit/archive/21
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。