米大統領との会談内容説明=首相(時事通信)

May 12 [Wed], 2010, 11:43
 鳩山由紀夫首相は7日、鹿児島県徳之島の3町長との会談で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題に関する先月のオバマ米大統領との会談で「日米同盟に資するためにも、沖縄の過重な負担を全国で分かち合うことが大事だ。大統領としても協力願いたい」と要請したことを明らかにした。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦〜米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで〜
【特集】沖縄と米国海兵隊〜ペリーと黒船でやって来た海兵隊〜
【特集】迷走!普天間移設〜5月中の決着は?〜
【特集】米国海兵隊兵器総覧〜沖縄に配備されているのは?〜
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能〜みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー〜

格安宿泊・金利優遇…「子ども手当」商魂過熱(読売新聞)
「全米さくらの女王」が大統領の親書とともに鳩山首相を表敬(産経新聞)
核廃絶交渉へ手応え=共産委員長、訪米の成果強調(時事通信)
飲酒で、リンパ系腫瘍リスク低下の可能性を示唆(医療介護CBニュース)
首相動静(5月7日)(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/j8xk2fit/archive/14
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。