テレマーケティングのアウトバウンド

July 03 [Thu], 2014, 0:26
インバウンドとは対照的に、アウトバウンドというのは、ユーザーに対して企業側から電話をかけるマーケティングとなります。
そのため、インバウンドと比較すると、非常に難しいと言われています。
オペレーターの腕や技術が試される仕事と言っても良いでしょう。
テレマーケティングにおける重要性の多くは、このアウトバウンドに含まれていると言っても過言ではありません。

アウトバウンドは、データベースに記録されている番号にオペレーターが直接かけるというケースもある一方で、実はそうでないケースも多々あります。
というのも、膨大な数の顧客に対して電話をする場合は、自動予測発信というシステムが導入されている事が多いのです。
自動予測発信(プレディクティブダイヤリング)というのは、オペレーターの通話状況等を予測した上で、顧客に対して自動的に電話をかけるというシステムです。
そのため、オペレーターが逐一番号を確認し、顧客にかける必要がありません。
このシステムは、間違い電話を防止するという意味でも、非常に有効とされています。

自動コールされた場合でも、基本的に顧客への対応は、最初からオペレーターが行います。
その場合、オペレーター側にユーザーの情報が自動表示されるので、誰に電話をかけているかはすぐにわかります。

テレマーケティングにおけるアウトバウンドは、話を聞いてもらえる件数自体が圧倒的に少ないのが通例です。
そのため、とにかく数をこなすという事が基本理念としてあり、こういったシステムが構築されているのです。
一番高い 車 査定
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たつひとj8twh3od
読者になる
2014年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j8twh3od/index1_0.rdf