IFO注文 

June 17 [Thu], 2010, 12:39
◆ 究極の自動売買 ◆
IFO注文とは、IFD注文+OCO注文のことです。
IFO注文では、まず指値注文を入れて、それが成立すれば利益確定と損切りを同時に設定できるしくみです。
例えばで説明すると、
「現在の値段が1ドル=112円前後。もしこれが現在の値段より少し安い111円50銭になったら買う。そして、その後114円までドル高(円安)になれば、ドル売り決済をする。仮に111円まで下がってしまえば損切り決済をする」。
こうしておけば自分の希望の値段で買い(や売り)ができ為替相場がどちらに転じても一定の成果が得られます。
損切りで終わってもそれも成果の一つと考えてもいいでしょう。
使いこなせれば、これぞ究極の自動売買といった感じです。
IFO注文を出しておけば、インターネット上で注文から決済まで自動でおこなってくれるので注文の仕方さえ間違えなければ(ここが肝心)、パソコンの前から離れていても安心ですね。
また、IFDの一時注文が成立した後、上昇トレンドが鮮明に表れた場合は利益確定用に行った売り注文の指値を徐々に上げていくことで利益幅を大きくすることも可能。ただし、一気に上げすぎるとその水準まで上昇しきれずに反落する恐れもあるので注意して自分のペースを作りましょう。
◆ 自分のパターンを見つけて利益を生もう ◆
外為取引(FX)のメリットは、IFD注文、OCO注文、IFO注文と自動売買のパターンが選べる点です。
外為取引(FX)では、利益を出すことはもちろん大事ですが、それよりも損を出さないことがもっと重要となります。
そこで少なくともまだ慣れてないうちは、常に損切りを意識した売買をお薦めします。
そして慣れてきたら、今度は忙しい時にはIFO注文、少し余裕がある時にはIFD注文と使い分けてみることもよいでしょう。
もちろん損切りを意識していただきたいし損失は最小限にとどめるに越したことはありません。
しかし損失をなるべく小さくしようと、損切りの水準を現在のポジションに近づけすぎると、少し相場が動いただけで、わずかな評価損でも決済されてしまいます。
そして決済された後でまた相場が戻してしまった、ということもよくあることです。
それでは、せっかくのチャンスを逃してしまうことになります。
そこで、チャートである程度トレンドを見極めた上で損切りの水準を決めるようにしましょう。
これについては、テクニカル分析のところで説明しています。
2010年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる