地球温暖化対策基本法、衆院委員会で強行採決(産経新聞)

May 20 [Thu], 2010, 15:06
 衆院環境委員会は14日、2020年までに温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減する目標を明記した「地球温暖化対策基本法案」を与党の賛成多数で可決した。自民党は審議継続を求めたが、質疑を打ち切り、強行採決に踏み切った。

 野党側はこれまでの審議で、鳩山由紀夫首相の理念だけが先行した法案の不備を追及してきたが、政府・与党は結局、25%削減による国民生活や経済成長への影響などを明確には示さなかった。

 民主党執行部は、郵政改革法案や労働者派遣法改正案など審議の難航が見込まれる重要法案がめじろ押しの中、すでに政府・与党内で意見が一致している温暖化対策基本法案は「先行して粛々と処理する」(民主党幹部)考えで、同法案は今国会中に成立する公算が大きい。

 基本法案には25%削減の具体策として、暮らしに新たな負担を求める「地球温暖化対策税(環境税)」の導入を明記したほか、企業に温室効果ガスの排出削減を義務づけた上で削減量の過不足を売買する「国内排出量取引制度」を施行後1年以内に創設することなどが盛り込まれた。

【関連記事】
産業界の懸念払拭できず、温暖化対策基本法案
CO2排出少ない装置を工場に義務付け 米政府が規制案発表
レジ袋6557万枚を削減! 九州7県、今年度もキャンペーン 
トカゲの2割、絶滅の恐れ
【私も言いたい】「温暖化対策」 「25%削減妥当でない」9割
少子化を止めろ!

平野長官、徳之島の経済関係者に協力要請(読売新聞)
<厚労省独法>12道県で不適切会計 地方業務委託巡り(毎日新聞)
移植法改正の認知3割止まり=関心は6割、周知に課題―プロジェクト委調査(時事通信)
15日に電話相談窓口=B型肝炎訴訟の弁護団(時事通信)
<群馬・伊勢崎>職員のひげ禁止「不快に思う市民いる」(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j7175e0w/archive/16
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。