回収カプセルを分離 はやぶさ帰還へ(産経新聞) 

June 16 [Wed], 2010, 16:41
 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は13日午後8時前、小惑星探査機「はやぶさ」が地球へ帰還するため、小惑星「イトカワ」の土壌サンプルが入っている可能性がある回収用カプセルを機体から分離したと発表した。

 分離は帰還に向けた最終作業で、同日午後7時51分に成功。カプセルは順調にいけば同日午後11時ごろ大気圏へ再突入し、オーストラリア中南部ウーメラの砂漠に着地する。

 はやぶさは飛行中の相次ぐトラブルで飛行期間が当初予定より3年間延長され、カプセルの分離装置がうまく作動するか懸念されていた。

【関連記事】
はやぶさ帰還 不撓不屈みせた宇宙の旅
けなげな姿「はやぶさ君」に共感の輪 きょう地球帰還
迷子−満身創痍−最後は燃え尽き… けなげ「はやぶさ君」に共感広がる
宇宙産業 輝き出す星 「あかつき」成功、高まる評価
小惑星探査機「はやぶさ」に国民栄誉賞を

発車メロディーは「めだかの学校」 JR三鷹駅 開業80周年記念(産経新聞)
【南ア発】感じたままの魅力伝えたい(産経新聞)
【視点】所信表明演説 「反省」なき現実路線(産経新聞)
新首相動静(6月7日)(時事通信)
総連、朝鮮学校無償化へ攻勢 文科省への電話を指示/ノルマ課す(産経新聞)