ここがヘンだよ日本人

March 01 [Mon], 2010, 23:43
ここがヘンだよ日本人(ここがヘンだよにほんじん)は、1998年10月21日から2002年3月14日までTBSで放送されていた討論バラエティ番組。この番組の前身は、1997年10月と1998年4月にスペシャル番組として放送された「たけしの外国人100人バトル〜ここがヘンだよ日本人〜」と言う番組で、視聴率が好評だった事を受けてレギュラー化したのが本番組である。元々は毎週水曜22:00 - 22:54の放送だったが、2001年4月から水曜の同枠が連続ドラマ枠に変更されたことから、木曜の同時刻で放送された。概要番組の内容と特徴多数の外国人出演者が日本の変な所を指摘し、日本人パネラーと討論をかわしていく。流れテロップが多用されているのも特徴。物真似タレントのホリが行う「テリー伊藤が激高した際に『ふざけんじゃねーよこの野郎!』などと暴言を吐く様」は本番組のテリーが元になっている。また、外国人出演者はテロップでは自営業、会社員などが表示されていたが、実際は大半が稲川素子事務所に所属する外国人タレントであったことが明らかになっている。[1]特別番組定期的に「ここがヘンだよ外国人」と題し、日本から見た外国の変な所を指摘していく特番もあった。なお特別企画として度々番組で問題発言や問題行動を繰り返す出演者のテリー伊藤を糾弾する「ここがヘンだよテリー伊藤」なる企画や、ワイドショーで話題の著名人を毒舌で切るデヴィ・スカルノをスペシャルゲストとして呼んで「ここがヘンだよ宇宙人 デヴィ夫人スペシャル」と称した、生放送で外国人たちと議論する企画などもあった。番組の変遷と視聴率番組開始当初は外国人が日本のおかしな所を指摘し、討論するという内容とゾマホン・ルフィン、ケビン・クローン、サニー・フランシスをはじめとする外国人の個性的なキャラクターが受け、一躍、TBSを代表する人気番組となった。しかし番組の長期化によって次第にテーマのマンネリ化を招き、後期には「ここがヘンだよ憲法9条」や「ここがヘンだよ日韓関係」のようなテーマも取り上げたりしていた。これにより、初期は日本語を話せる外国人なら誰でも容易に発言できたのに対し、後期には政治的知識を持ち合わせていない外国人には発言しにくい内容となっていった。他には一つのテーマを2週にわたって放送していたり、元々は特番のみで行われていた「外国人50人vs日本人50人

小沢氏会見詳報(3完)「不正はないという主張は断然貫く」(産経新聞)
氷点下2度…北海道神宮で寒中みそぎ(産経新聞)
社民ようやく新体制、福島氏に反発で火種残る(読売新聞)
エコカー補助金制度延長 車選び、色もポイント(産経新聞)
コシヒカリ超えろ…新潟県、新品種を石垣島で栽培(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j6gcz34o/archive/8
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。