胃カメラ検診

April 19 [Thu], 2012, 15:05
三ヶ月前から逆流性食道炎で病んでました。
長期に渡って治らないこともあり、思いきって、苫小牧に前泊して検査しました。
朝一で行ったので比較的スムーズに診察できました。
検査の流れは血圧、尿検査をして、エコー室でベッドに横になり、血液検査を実施。
鼻からのカメラのため、鼻通りをよくする薬を鼻の穴に垂れ流し喉まで落ちてくるこれは鼻炎スプレーしてる人は余裕です次に胃の動くを止める注射を手の甲にするのと同時に麻酔喉スプレーの一回目を実施。
しばらく喉にためてから、ゆっくり飲み込む。
味がまずい次に鼻の穴に麻酔を管みたいなもので喉付近までぶちこまれるのと同時に2回目の麻酔喉スプレー一回目ので感覚が薄れているため、唾液がララビジュアル的にサいそしてそのままエコー検査を実施しました。
特に問題なしだった。
鼻の麻酔はこの部屋で抜き取り、いよいよカメラのお部屋へベッドに寝そべり麻酔喉スプレー三回目。
喉にはすでに麻酔が効いてるため、喉で溜めておくのが困難で飲んじゃったそして、カメラにジェル塗って、挿入食道まで到達したが、体に力が入っているため検査が難しいと一度引き抜かれるそして家出、資fマスクとマウスピースして、鎮静剤を注射して、また挿入鎮静剤の効果で意識が気づいたら終わってました笑ふらつく足取りで休憩ベッドで15分くらい休憩待合室に戻り、診察結果を待って、先生に呼ばれていくと逆流性食道炎で間違いなし。
薬を飲んで継続治療することになりました。
胃カメラは鼻から入れると楽勝でした。
喉の麻酔でヨレが垂れ流しになるのが一番恥ずかしいです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:j5q67nmv9f
読者になる
2012年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j5q67nmv9f/index1_0.rdf