口蹄疫 菅首相が宮崎入り 畜産農家で消毒作業視察(毎日新聞)

June 15 [Tue], 2010, 21:19
 菅直人首相は12日、宮崎県で口蹄疫(こうていえき)の被害が拡大していることを受け、就任後初めて同県入りし、宮崎市内の畜産農家で消毒作業を視察した。首相はこの後、県庁で東国原英夫知事や関係市町長と意見交換し、政府として対策に万全を期す考えを伝える。

【特集】写真や最新記事でみる口蹄疫 

 首相は就任後初の地方訪問先として宮崎県を選び、政府の対応をアピールする考え。県側は▽防疫対策、感染ルート解明などへの支援強化▽ワクチンを接種した畜産農家への全額国費負担▽地域産業復興への支援−−などを要望する。

 視察したのは、約22万頭の子牛を生んだ種牛「安平」の育て親、永野正純・宮崎郡市和牛育種改良組合長の農場。安平は先月殺処分された。

 口蹄疫の感染は、終息したえびの市を除く4市5町に拡大しており、感染または疑いでワクチン接種を受けた家畜約27万頭が殺処分の対象になっている。

 宮崎市、都城市などでは市内の図書館、博物館、公民館など公共施設を12日から一斉に休館にするなど、感染の拡大は市民生活にも影響を及ぼし始めている。【石田宗久、青木純】

【関連ニュース】
【写真で見る】感染拡大が深刻化する口蹄疫
口蹄疫:コブクロの小渕さん、今井美樹さんらと宮崎応援歌
口蹄疫:宮崎市の豚、日向の牛が陽性…宮崎の運動公園閉鎖
口蹄疫:日本最大級の畜産エリアに飛び火 宮崎県都城市
口蹄疫:自民政調会長、参院選延期を要請

ダイハツ、11万7109台をリコール(産経新聞)
<陸自隊員暴行死訴訟>両親と国和解成立 東京高裁で(毎日新聞)
国家戦略相、事務所実態ないのに4222万計上(読売新聞)
地域と交流 広がる「声の学校」 夫婦ユニットJ&O 27日 大阪でライブ(産経新聞)
<航空機テロ対策>日米で連携、インドネシアに保安機材供与(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j5kggty5/archive/60
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。