亀井氏、郵政法案先送り論牽制 「公党間の約束から逃げるなら立候補の資格なし」(産経新聞)

June 10 [Thu], 2010, 10:25
 国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は9日朝、参院選の早期実施のために国会会期を延長せず、郵政改革法案の成立も先送りすべきだとの声が民主党内で強まっていることについて、「公党間で約束している法案をやった上で信を問うのは当たり前だ。そこから逃げ出して、『支持率が高いうちに選挙をやっちゃえ』なんて考える人は立候補する資格はない」と強く牽制(けんせい)した。都内で記者団に語った。

 また、亀井氏は同日朝の民放討論番組で、郵政改革法案の今国会成立が見送られた場合の国民新党が連立政権を離脱する可能性について、「私の頭の中には0.1%もない。そういう(成立しない)事態は起きない。菅(直人首相)さんとじっくり話をしてある」と強調した。

【関連記事】
郵政改革法案成立で合意
菅内閣発足 まず国家の基軸を示せ 言葉よりも具体的な成果を
菅−亀井会談 郵政法案「成立期す」を確認
消えぬ欧州不安、菅新政権どう対応 ユーロ急落・東京株安
日本は変わる? 変わらない? 新首相に菅氏
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

広島女児殺害事件結審…ヤギ被告、判決は7月(読売新聞)
いじめで転校 元同級生に賠償命令 京都地裁(産経新聞)
ゴーストライターはここまで書く……という実態(Business Media 誠)
ヤエヤマボタル 森に幻想の光 石垣島(毎日新聞)
菅・オバマ初の電話会談、サミットで首脳会談へ(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j5kggty5/archive/59
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。