卵子のもと、高率で活性化=不妊治療に応用期待―秋田大など(時事通信)

May 19 [Wed], 2010, 17:31
 卵子のもとになる「原始卵胞」を人工的に活性化させ、成熟した卵子を得ることに、秋田大や米スタンフォード大などの共同研究グループが世界で初めて成功した。がん治療で卵巣を凍結保存した後の妊娠出産など、不妊治療に応用が期待される。米科学アカデミー紀要に18日発表した。
 卵巣内に多数存在する原始卵胞のほとんどは休眠状態にあり、その一部が活性化され、段階的な成長を経て卵子が排出される。体内で排卵に至るのは1000個に1個程度という。
 研究グループは、新生児マウスの卵巣を取り出し、がん抑制遺伝子の阻害剤と酵素活性剤を用いて化学的に処理。その後、成体マウスの腎臓付近に移植して飼育したところ、原始卵胞の多くが活性化され、処理をしない場合の約6倍の2割近い卵胞が排卵直前の段階まで成長した。
 こうして得られた卵子で体外受精を行い、生まれたマウスに異常がないことを孫の代まで確認した。
 さらに、病気で摘出したヒトの卵巣を同様に処理して成体マウスに移植、成熟した卵子を得た。
 がんの化学療法などで卵巣がダメージを受けないよう凍結保存し、がん治療後に解凍して妊娠させる試みが行われているが、成功の確率は低い。秋田大の河村和弘講師は「がん患者や、原始卵胞があっても発育しない早発閉経の患者の治療に役立てられる」としている。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
「宮崎牛」種牛も殺処分に=事前避難6頭は経過観察
口蹄疫、感染疑い100カ所超=「宮崎牛」種牛も殺処分に
iPSから耳の細胞=難聴治療への応用期待
脳細胞死滅を抑える酵素判明=神経疾患治療に期待

<トカゲ類>気温上昇続けば2割が絶滅 生態系に深刻な影響(毎日新聞)
基本政策閣僚委、当面見送りを=官房長官に申し入れ―社・国(時事通信)
アラサー、2割が新卒就職せず=「氷河期」アラフォー比較でくっきり(時事通信)
医療機関に製品事故の調査員を配置へ−消費者庁(医療介護CBニュース)
<新党改革代表>「舛添政治カレッジ」に16人参加(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j5kggty5/archive/55
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。