市長名で当選礼状「公選法に抵触するか知らず」 和歌山・橋本(産経新聞)

March 24 [Wed], 2010, 15:53
 14日投開票された和歌山県橋本市長選で再選された木下善之市長(74)の陣営が、推薦団体や支援を受けた市議ら約450人に当選礼状を郵送していたことがわかり、市選管は18日、関係者を呼び「公職選挙法に抵触する可能性がある」として注意した。

 礼状は、「皆様方のご推薦を賜り無事当選させていただきました」などと書かれ、木下氏の名前も印刷されている。

 公選法は実筆を除き、当選あいさつなどの文書配布を禁じている。木下氏の後援会事務所は「公選法に抵触するかは知らなかった。今後注意したい」と陳謝。木下氏は「事務所が出したもので、私は知らない」としている。

【関連記事】
大阪1区で落選した元NHKディレクター、公選法違反認める
公選法違反の武山百合子元衆院議員に有罪判決 さいたま地裁
公選法違反の武山元議員に1年6月求刑 さいたま地裁 
出直し選10日後にまた告示 和歌山・白浜町長選、同じ顔ぶれが出馬
「選挙は逮捕覚悟」 裏金の7割は幹部の飲み代 北教組元組合員

将棋 前例離れ、最終盤へ 王将戦第6局(毎日新聞)
SOPHIAがライブ活動休止(時事通信)
<バッハ博物館>再開館 展示スペース2倍に(毎日新聞)
理学療法士4人の行政処分を公表―厚労省(医療介護CBニュース)
運転見合わせ JR山手線など3線 立ち往生も(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j5kggty5/archive/34
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。