過去事件へ適用「憲法違反でない」=時効撤廃・延長で千葉法相(時事通信)

March 03 [Wed], 2010, 10:46
 千葉景子法相は26日午前の閣議後の記者会見で、今国会に提出する犯罪の公訴時効撤廃・延長のための刑事訴訟法改正案に、施行時に時効が未完成の事件にも適用する規定を盛り込む方針であることについて、「新たに処罰規定を設けるのではなく、憲法違反には当たらない」と述べ、遡及(そきゅう)処罰を禁じた憲法39条には抵触しないとの見解を示した。
 2005年に施行された改正刑訴法では、過去の事件への時効延長の適用は見送られた。今回は適用を認める理由について、法相は「時効で処罰を免れることが公平、公正なのか。社会の中に逃げ得を許さないとの声がある」と述べ、刑事責任の徹底追及を求める世論の高まりを考慮した結果だと説明した。 

【関連ニュース】
時効の撤廃・延長を答申=人命奪う罪に限定
時効撤廃、改正後に迅速施行=法務省
毎日新聞社長らを書類送付=元秘書官めぐる名誉棄損
殺人の時効撤廃=政府、刑訴法改正案提出へ
時効撤廃で最終調整=法制審、月内にも答申へ

北陸大教授の解雇無効=学部再編で授業廃止−金沢地裁(時事通信)
<八ッ場ダム>自民、民主側に4925万円 受注業者が献金(毎日新聞)
<TBS>「THE NEWS」打ち切りへ 視聴率伸びず(毎日新聞)
<警察庁>安藤長官が3月訪韓(毎日新聞)
小学校1万校にスクールカウンセラー配置へ(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j5kggty5/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。