羽生永世7冠爆誕!!

December 05 [Tue], 2017, 21:40
 リアルタイムでは観れなかったのが残念。

 羽生先生おめでとうございます!!

 記者会見での言葉の重みが違う。
 足し算ではなく、引き算で考える。
 勉強になります。

 先日の順位戦でも勝利し、一時は負け越していた対渡辺戦も気づけば勝ち越し。
 永世竜王、永世7冠、複数冠維持、序列1位復帰。諸々含めて今日は記憶に残る日だ。

死刑制度についてまとめる

November 14 [Tue], 2017, 22:28
 死刑制度は存続すべきだ。

 で、反対派によくある主張をメモしておこうと思う。

1)冤罪の可能性
 これが最もよく目にするパターン。これは簡単。
 冤罪の可能性を理由として挙げる人は、有罪か無罪かという二者択一の判定に誤りが起こり得るということをその論拠としている。
 死刑制度は、判定が下った後の量刑の範疇の話。
 死刑制度があろうがなかろうが冤罪の可能性は、常にある。
 人が(神を演じて)人を裁いている以上、誤謬を犯すことは必然。

2)国家の殺人
 殺人犯を我々の税金で保護して食わしていく?
 強盗も殺人もしない倫理観と理性を持ち合わせたホームレスの人達は支援せずに?
 やだね。


3)被告の人権
 被害者の人権は?残された家族の人権は?この際被告の家族のことは考慮しないこととする。

TMS2018 LOVECARS!TVLIVE!

November 05 [Sun], 2017, 18:35
 岡崎五朗さんの日産批判とトヨタ日産マツダの戦略論。
 これはクルマでいこうでは絶対聞けない貴重な映像。

メイドインアビスーナナチとミーティ

November 05 [Sun], 2017, 6:52
 二人のエピソード、悲しすぎるだろ。
 しかも、これからってところで終わるし。

 続編待ちリスト入り。

今更モンハン

September 18 [Mon], 2017, 10:19
 ハマってしまった。
 やりこみ要素が豊富で楽しいんだけど、周りでやってる人皆無。

ほしのこえ

July 17 [Mon], 2017, 22:11
 少女が学校の制服でロボットに乗って戦う。
 
 それはまあいいとして、ケータイメールが届くのに1年とか、8年とか。

 最後空に光が一瞬またたいて終わりだったら、最高だったのに、そうではなかった。

 続編が観たいけど、無理だろうな。

===================================================

2017/8/11追記

 印象深かったのは、想像を超えるレベルの時間差。
 おそらく相対性理論の解説によく出てくる双子の話から着想を得ているのだと思う。
 新海監督の作品は「時間」が物語を構成する要素として常に大きな比重を占めている気がする。

 秒速での「時間の経過」、君の名はにおいては「時間のズレ」、ほしのこえでは「経過とともにずれ幅が大きくなっていく時間」、言の葉は、、、ストーリー忘れた。

 

 

実力主義の。。。

July 13 [Thu], 2017, 22:07
 タイトルは以下略。
 忘れただけだが。

 最初の5,6分で観る気が失せた。
 主人公のやる気の無さ過ぎる声に、堪えられなかった。

 すごく面白そうな導入部だったのに、周りのキャラも結構光りそうだったのに。

 我慢したけど、5分しか保たなかった。



ルーニー、エバートンへ

July 08 [Sat], 2017, 18:40
 引退するわけではないけれど、寂しい。

 

遂に、究極のアウトプット、ホログラフィックディスプレイが来る

July 07 [Fri], 2017, 21:07
 テレビの画面サイズはどんどん大きくなる。
 スマホのサイズも同様。
 アウトプットは表示できる情報量が要。

 一方日常で携帯するには小さいほうが便利なのは間違いない。

 そこで迷走しているのがタブレット端末。

 携帯性と画面サイズという二律背反する利便性の落とし所が未だに見つけられていない。
 
 最適解はみんな解っていた。技術的な問題だけだった。
 それをようやくクリアしたのがREDのHYDROGEN ONE
 
 但し、高い。
 安い方のアルミニウムモデルが1200ドルで、チタン製は1600ドルもする。

 とはいえ、大きなブレイクスルーだ。
 これをきっかけとして、この技術が普及してくれれば、スマホ・タブレット市場は大きく変わる。













 買わないけど。

月がきれい 最終話 ただただ感動

July 05 [Wed], 2017, 21:41
良かったー。

昭和初期かよ、と突っ込みたくなるくらいのカビ臭いストーリーだったけれども、
それが全く違和感なく受け入れられて、むしろ新鮮に感じられて、
しかも毎回ドキドキして、ラストにがっつり感動してしまうくらい、
最近ではお目にかかれない王道路線。

とどめにエンディングできっちりアフターエピソードをフォローしてくれた神仕様。
感動の後にスッキリスカっとさわやか爽快な気分。

声優さんのたどたどしい感じも得点高かった。
続編は、、、いらないか。