せきにん。

August 25 [Thu], 2011, 4:11
思っている事を正確に伝えるのがとても苦手。ニュアンスが正しく伝わらなかったり、相手を傷付けたり。そういった事を挙げればキリがないけれど、今回の場合相手に伝えなければ相手の為にならないと判断した。本来ならこれは私の仕事ではない気がするのだが。でもきっと私がやらなければ誰も前に進まないのだろう。そして最悪の結末を迎えることになる、ような気がする。自分でも自意識過剰と思うし、何よりお節介である。元々これは個人意識の問題なので、私がどうこう口を出すのは無粋な事だ。誰だって持論にけちを付けられたくはない。けれど、それを理解した上で横槍を入れねば。もう私は引退だから一切合切の関係は無くなるが、それではあまりにも無情に過ぎる。それにしても思い遣りの結果が個人の思考を私の主観に近づけることを目的とした説教とは。流石に笑えない。誰かに疎まれてでも、正しい方角へと顔を向けさせ背を押す人間が必要なのだろう。ただ、その「正しい方角」とは誰の立場から見て「正しい」のかそれを忘れずに話を出来れば良いなと思う(きっと不可能)。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:j4pfklacno
読者になる
2011年08月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/j4pfklacno/index1_0.rdf