阿久根市議会、竹原市長の問責決議を可決(読売新聞)

March 31 [Wed], 2010, 15:59
 鹿児島県阿久根市議会は26日、本会議を開き、市議会への出席を拒否している竹原信一市長(51)に対する問責決議を賛成多数で可決した。

 竹原市長の問責決議は、障害者の出生を否定するような文章をブログに掲載したことに対する昨年12月の決議以来、2回目。

 問責決議案は、議長を除く反市長派11人全員の連名で緊急提案。賛成11、反対4で可決した。

 決議では、竹原市長の度重なる議会欠席を「憲法、法律を無視し、議会制民主主義を否定。市政を私物化して独裁的に行うもの」とした上で、市長に対し「厳しくその責任を問う」としている。

 一方、竹原市長が提案した総額約102億円の一般会計当初予算案については、市長の公約だった小中学校給食費の半額補助事業費など約9500万円を減額する修正予算を賛成多数で可決した。

 竹原市長は、2月22日の市議会開会日に総額約102億円の一般会計当初予算案を提案したが、その後、「マスコミが議場にいる」として総括質疑や予算特別委員会への出席要請に応じず、予算特別委では8部署の課長らに答弁拒否を指示。執行部側が予算案の詳しい説明を拒む異例の事態となった。

【風】「やる気あれば学力身につく」(産経新聞)
医療事故モデル事業継続=5学会で社団法人立ち上げ−「2年で制度化への道筋を」(時事通信)
「騒音増す」シュワブ地主ら契約更新拒否の意向(読売新聞)
<金子みすヾ展>大阪で開幕…没後80年、大丸心斎橋店(毎日新聞)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j41ftq22/archive/2
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。