<天皇、皇后両陛下>ハンセン病療養所、24日午後に訪問(毎日新聞)

May 27 [Thu], 2010, 19:59
 天皇、皇后両陛下は24日午後、静岡県御殿場市の民間ハンセン病療養所、神山復生(こうやまふくせい)病院を視察する。現存する最古のハンセン病療養所で、皇室とのかかわりが深く、その歴史は皇室のハンセン病施設への支援とも重なる。【大久保和夫】

 神山復生病院は1889年、フランス人の神父が民家を借りてハンセン病患者6人を受け入れたのがスタート。天皇陛下の祖母貞明皇后は、反物や食料を度々寄贈し、支援の姿勢は秩父・高松・三笠の各宮家にも引き継がれた。皇后さまの実家の正田家関係者からは昭和初期に最新型の消防ポンプ車が寄贈されたこともある。

 同病院が広く知られるようになったきっかけの一つは、看護師長を務めた井深八重さんの存在だった。旧会津藩家老の家系に生まれた井深さんは、長崎県の女学校の英語教師に赴任直後、ハンセン病と診断され入院。3年後に誤診と分かるが、神父らの献身的な姿を見て、病院にとどまることを決意した。91歳で亡くなる1989年までハンセン病患者のために尽くした。「日本のマザー・テレサ」とも称され、61年には看護師最高のナイチンゲール記章を受け、皇太子妃時代の皇后さまとも会っていた。

 今回の訪問は、両陛下の強い希望で実現した。御殿場市内の国立駿河療養所も訪れる。両陛下は63年からハンセン病療養施設を訪問しているが、2カ所同時訪問は03年に岡山県瀬戸内市の国立療養所長島愛生園と同邑久光明園を訪れて以来。

 両陛下は今回で、全国の療養所計15カ所のうち11カ所を訪れたことになる。近くに立ち寄った機会に入所者と懇談したケースも含めるとほとんどの療養所と接点を持っている。

全面禁輸の北朝鮮にピアノ…鳥取の古物商(読売新聞)
<環境保護>日本の子どもは意識低い エアバス社の調査(毎日新聞)
石川議員を午後にも聴取へ 小沢氏の共謀立証可否を確認 陸山会事件で特捜部(産経新聞)
難病診断で情報共有システム開発へ―厚労省研究班(医療介護CBニュース)
大津京「建都ほぼ1400年」のポスター作成(産経新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j3e7bfba/archive/17
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。