履歴書で捜索願?養女なのに1枚もなかった顔写真…大阪・ポリ袋死体遺棄事件(スポーツ報知)

May 17 [Mon], 2010, 19:19
 大阪府高槻市の淀川堤防で4月29日、ポリ袋に詰められた同府豊能町の宇野津由子さん(当時36歳)の遺体が見つかった死体遺棄事件で、宇野さんが面接を受けたスーパーマーケットに提出した履歴書を、養父母が取り返していたことが14日、分かった。履歴書から宇野さんの写真をはがし、捜索願と一緒に警察に提出したもようだ。養父母は宇野さんの写真を1枚も持っていなかったようで、不可解な“親子関係”が浮かび上がった。

 関係者によると、宇野さんは今年2月、インターネットを通じて知り合った豊能町の夫妻と養子縁組をした後、同町のスーパーマーケットの採用面接を受けた。その際、顔写真を添付した履歴書を提出。結果は不採用だったが、この時点では履歴書は返却されなかった。

 今月に入り、養父母は捜索願を警察に提出。その際に宇野さんの顔写真が必要となったが、自宅には宇野さんの写真が1枚もなかったようだ。そこで養父母はスーパーに履歴書の返却を要求。スーパー側は不審に思いながらも、養子縁組した証明書類を養父母から見せられて返却に応じた。関係者は「養子縁組とはいえ、写真すら一度も撮ったことのない親子なんて…」と首をかしげる。

 さらにこの日、高槻署捜査本部が、宇野さんの遺体から検出された睡眠導入剤と同じ成分を含む多量の睡眠導入剤を宇野さんの養父の関係先から押収していたことが捜査関係者への取材で分かった。押収されたのは少なくとも数十錠。捜査本部は睡眠導入剤を所有していた理由を養父から聞くなど、関連を慎重に調べている。

 宇野さんの死因は頸部(けいぶ)圧迫による窒息死。首を絞められ殺害された後、淀川堤防に遺棄されたとみられている。体に抵抗したような傷などはなかったことから、捜査本部は、宇野さんが睡眠導入剤を飲まされた後で被害に遭った可能性もあるとみて捜査を進めている。

 また、宇野さんの養父母は事件前、宇野さんを周囲に紹介する際、「養父の実の妹」「昔からの友人」などとうその説明をしていたことも近所の住人への取材で分かった。捜査関係者によると、宇野さんには、養子縁組した後に受取金数千万円の保険を掛けられており、捜査本部は、養父母が養子縁組をした事実を隠そうとした可能性もあるとみている。宇野さんは「住み込みで働く」と実家の家族に話していた。

 【関連記事】
ポリ袋 豊能町 スーパーマーケット を調べる

米運輸長官に新幹線売り込み=日本の技術力アピール(時事通信)
介護・看病疲れで自殺、過去最多(医療介護CBニュース)
本 元警視庁捜査1課長久保さん 体験もとに若者にエール(毎日新聞)
普天間移設、首相「5月末決着」断念表明(読売新聞)
徳之島関係者と会談、平野長官12日に鹿児島へ(読売新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j3e7bfba/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。