<1票の格差>札幌高裁は「合憲」 判断、最高裁へ(毎日新聞)

April 28 [Wed], 2010, 3:34
 議員1人当たりの有権者数を選挙区間で比較した「1票の格差」が全国で最大2.30倍に達した昨年8月の衆院選が、法の下の平等を定めた憲法に違反するかどうか争われた訴訟で、札幌高裁(井上哲男裁判長)は1票の格差を合憲と判断し、選挙やり直しを求めた有権者側の請求は棄却した。

 一連の訴訟は全国の高裁(支部含む)に9件起こされており、札幌高裁で判決が出そろった。今後、原告側の上告を最高裁が大法廷に回付し、憲法判断を示すとみられる。国政選挙の無効確認訴訟の1審は、高裁で行われる。

 訴状によると、有権者数全国最少の高知3区の選挙権の価値を1票とすると、北海道1区では0.45票しかない。原告の有権者側は、96年に導入された小選挙区比例代表並立制で、人口分布に比例した配分とは別に都道府県に定数を1ずつ割り振った「1人別枠方式」が、格差の原因だと主張。被告の北海道選管側は「選挙制度は国の裁量に委ねられている」として請求棄却を求めていた。

 衆院選の1票の格差は、03年選挙時の定数「5増5減」で2.15倍まで縮んだが、以降は見直されず、その後の2回の選挙で格差が徐々に広がっている。【久野華代】

【関連ニュース】
1票の格差:衆院小選挙区は「違憲状態」 高松高裁判決
参院改革協:来年中に具体案作成へ…今夏1票格差是正断念
発信箱:1票と基地=三森輝久(西部報道部)
1票の格差
1票の格差:昨年衆院選訴訟、高松は「違憲状態」−−高裁判決

死刑判決を破棄、差し戻し=元義父の刑務官−大阪母子殺害・最高裁(時事通信)
河村市長と議会、給与800万円で応酬(読売新聞)
露骨すぎる?“橋下徹”と書かれた異例の規約(産経新聞)
「部下なし係長」2万6600人=国交省が最多−政府答弁書(時事通信)
免許ない乗組員が操船=沖縄の3人死亡事故−運輸安全委(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/j2d3so7e/archive/12
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。