結婚するということは条件などなく愛し合うことができるパートナーと人生を共にすること

November 20 [Mon], 2017, 9:47
結婚でゆずれない点には性別によって別の思いがある上、更に人によって異なるというふうに感じます。結婚に対して夢を抱いていれば少々気持ちが落ち込んでしまう話かもですが実情と向き合った上できちんと結婚観に向き合うことが大切だと思われます。

お互いの趣味のことや友人関係のことやお互いの家族についてもすべては上げきれないくらいに結婚観のミスマッチは存在するものです。今の時点でスルーできていても段々と不満が我慢できなくなる事態が噴出したりこんな人とは思わなかったという悲しい未来もありえます。

夫婦となる予定の相手について。何をしている時に幸せを感じどんなことをしてもらっている瞬間に幸福感を感じるかを考えてみましょう。している時してもらった時、あなたは全面的にパートナーのことを愛することができていますか?何かしてもらう交換条件として何かをやると思うのはダメで、何も返ってこなくても何かしてあげられる相手ですか?

女の人のハッピーとは貴方らしい魔力で男の人の思いを全て貴方の虜にすること

October 31 [Tue], 2017, 9:59
心の底では任せたいのに純粋なふりだと見られて重いと思いわれたくないなどという配慮で実際に行動するのが難しい女性が大勢いると推測します。近頃では男たち側から甘え上手で近づくため、女性の方がきっちりと生きなければいけないご時世なのかもしれません。

しかし、そんなパートナーで良しとしてる張本人はアナタ自身なのです。男性が自分を好きなのかを伝えられる事が恐ろしくて本心の自分自身を出したことがない性格の人でも、一人きりで泣いてしまったとしても大事な彼に会うと寂しさを伝える感情表現はズルイと思っていた人達も、男には使えない武器でもある涙と流す表現をしてみてはどうでしょう。

泣き叫ぶという事じゃなく何気なく出てしまった場合のナミダを男性と会っている時でも正直に浮かべて自分の全てを包み込んでもらうのはどうでしょう。

男性に好かれる女ですか、おんなに好かれる人間か?

October 11 [Wed], 2017, 9:32
男性に人気のある女と、女性陣に愛される人間がありますがあなたが好きな愛されオンナはどちらでしょうか?男性にばっかり好まれれば良いということでもないです。頑張るからにはやはり全員からに評価されるオンナになれたらと思い描くものです。

知り合いに協力を得ることをどんな場面でも忘れてはいけません。自身で磨くことは大切だけど必要な時は甘えて、たまには任せるというオンとオフがどんな時もできれば、どこへ行っても自ずと支援してあげたいと思う気分を生じさせることができます。

新たに出会った人間の面前で印象の良いオンナとして動くことができても、これまでの知人や彼氏の目の前で一瞬にして愛されオンナになるのは嫌で嫌かもしれないです。素敵なオンナになるためというのはそれまでの自分を素直に認めることも大切なのです。