薬物犯罪、目立つ地域格差 国際空港を管内に抱える地裁に起訴集中(産経新聞)

May 27 [Thu], 2010, 23:21
【裁判員制度施行1年】

 覚せい剤取締法違反罪で裁判員裁判の対象となるのは、営利目的の密輸と製造の“組織的犯罪”に限られており、相次ぐ芸能人の逮捕で注目を浴びた使用や所持といった“個人的犯罪”は裁判員の審理の対象外となっている。

 「これまで覚醒(かくせい)剤についてあまり興味はなかったが、裁判に参加して恐ろしさを実感した」

 東京地裁で開かれた薬物犯罪の裁判で、裁判員を務めた男性がこう話すように、密輸や製造の罪が重く罰せられる背景には「国の安定を脅かす」との視点がある。ただ、薬物犯罪は水際での摘発が中心となるため、大きな国際空港を管内に抱える地裁に起訴が集中する“地域格差”の問題も浮かび上がる。

 平成21年度中に起訴された裁判員裁判対象事件の被告は1662人で、このうち最も多かったのは成田空港がある千葉地裁の163人。続いて関西国際空港がある大阪地裁の145人。薬物犯罪の被告119人のうち千葉(44人)と大阪(28人)で半数以上を占めており、この偏りが両地裁を裁判員裁判取り扱いの上位2位に押し上げている。

 地域格差は、裁判員への負担に加え、法曹三者の負担も増える。実際、千葉地裁管内の対象事件を、千葉の弁護士だけではなく、周辺の弁護士会の弁護士が担うケースも出てきている。

 千葉地裁で覚醒剤密輸事件の裁判員裁判を担当したことのある東京の弁護士は「薬物関連の事件が対象に入ったことで、千葉だけで事件を抱えることが難しくなるかもしれない。われわれ(東京の弁護士)が担当するケースは今後も続くのでは」と話している。(大泉晋之助)

【関連記事】
死刑と無期懲役はなし 殺人、性犯罪で量刑重めに
「グローバルな犯罪組織の壊滅を」 安藤警察庁長官が指示
捜査書類の逮捕時間を虚偽記載 警部ら8人書類送検 
覚醒剤密売人の被告「子供と住もうと」裏家業ズルズル…
拠点アパートに大量の薬物 覚醒剤密売のイラン人の男3人を逮捕
中国が優等生路線に?

中村真衣さん、「中村米」収益一部を地元に寄付(読売新聞)
エモやん「私は即戦力」“政界巨人阪神戦”に自信(スポーツ報知)
「まるで時代劇の立ち回り」 加藤被告の「黒いもの」と警棒かち合う(産経新聞)
16世紀「村中城」の遺構、初めて確認=佐賀市〔地域〕(時事通信)
首相動静(5月20日)(時事通信)
  • URL:http://yaplog.jp/j1vysnwt/archive/15
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。