明石歩道橋事故 妻の墓前に報告「必ず結果出る」(産経新聞)

April 24 [Sat], 2010, 18:25
 平成13年7月の兵庫県明石市の歩道橋事故で、妻の律子さん=当時(71)=を亡くした草替与一郎さん(83)は20日午前、小雨が降る中、律子さんが眠る兵庫県三木市の霊園を訪れた。墓前で帽子を取って手を合わせ、元明石署副署長の榊和(かず)晄(あき)被告の起訴を報告した。

 19日にテレビのニュースで20日に起訴されることを知り、朝一番で墓前に報告したかったという草替さん。律子さんには「今までは今日の天気のように曇り空だったけれど、ようやく晴れ間が見え始めた。必ず期待する結果が出るから、もう少し時間をくれ」と伝えたという。

 これまでの検察側の遺族に対する説明では満足な答えを得られなかったといい、「今後は公開の場(法廷)で議論される。責任のある者は責任を取る、という結果を見せてもらわないといけない」と裁判に期待を寄せる。草替さんは「(律子さんから)『気が済むまで存分に戦ってくれ』と言われたような気がする」と、自らにも言い聞かせるように話した。

【関連記事】
明石歩道橋事故 元副署長を全国初の強制起訴
明石歩道橋事故 聴取3時間、元副署長が拒否し録音・録画できず
明石歩道橋事故で検察官役の指定弁護士と遺族が面談
神戸地検が可視化の機材貸出へ 明石歩道橋事故で 
歩道橋命名権売却「どんどんやったらいい」
児童虐待防止法施行から今年で10年。なぜ、わが子を傷つけるのか…

<400系つばさ>初代ミニ新幹線車両がラストラン(毎日新聞)
<訃報>中根良平さん88歳=仁科記念財団常務理事(毎日新聞)
オキアミ、素干しでいかが=魚の餌じゃもったいない(時事通信)
<火山噴火>JALモスクワ便が成田到着 4日ぶりの欧州便(毎日新聞)
<中国地震>氷点下の被災地 広がる喪失感 「孫はもう…」(毎日新聞)
  • URL:http://yaplog.jp/j1uwrkpb/archive/11
Comment
小文字 太字 斜体 下線 取り消し線 左寄せ 中央揃え 右寄せ テキストカラー 絵文字 プレビューON/OFF

不正な自動コメント投稿を防ぐため、チェックボックスにチェックをしてください。

利用規約に同意
 X 
禁止事項とご注意
※本名・メールアドレス・住所・電話番号など、個人が特定できる情報の入力は行わないでください。
「ヤプログ!利用規約 第9条 禁止事項」に該当するコメントは禁止します。
「ヤプログ!利用規約」に同意の上、コメントを送信してください。