火葬

May 05 [Sat], 2012, 15:37
江戸時代の初期、文武に長じていた後光明天皇163354年が若くして崩御され、それまでの慣習通り荼毘だびに付されようとしたとき、猛然と反対した人物がいる。
御所に出入りしていた魚屋の奥八兵衛である。
八兵衛は、御所の人々に火葬は人の道ではないと、帝みかどは説いておられたと涙ながらに訴えて回ったという。
まさに至誠天に通ずで、後光明帝は土葬されることになり、昭和天皇まで続いている。
360年近くたったいま、その歴史が変わろうとしている。
大震災や少子高齢化によって国の財政事情が逼迫ひっぱくする中、御陵建設などで多額の税金が使われるであろうことに渡部みなみ胸を痛め、天皇陛下自ら火葬を申し出られたという。
人民が飢えているのに祖父の誕生日にあわせてミサイルをぶっ放し、派手で下品な行事を連発して恥じないどこかの国の三代目には思いもつかないだろう。
消費税増税を国民に押しつけながら、豪華な赤坂宿舎の家賃をこっそり値下げした国会議員の連中も陛下に頭があがるまい。
天皇、皇后両陛下の合葬も天武天皇と持統天皇の先例があり、お二人の思いを尊重すべきであろう。
ただし、行き過ぎた簡素化には反対だ。
葬儀は、亡くなった人を弔うだけでなく、故人と縁ある人々の絆を確かめるためにあるからだ。
昭和天皇の大喪の礼では、平安朝風の装束をつけた男たちが、柩ひつぎを葱華輦そうかれんと呼ばれる古式ゆかしい輿こしで葬場殿に運んだが、海外の特派員たちはわたしたちは歴史の特等席に招待されていると驚嘆気味に打電した。
陛下は国民生活への影響を気にされているが、この国の象徴としての威厳を保ち、伝統を守る方が大切だ、と八兵衛なら訴えるはずだ。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:j1uskme1z0
読者になる
2012年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j1uskme1z0/index1_0.rdf