私はただいま妊活中です

July 20 [Wed], 2016, 12:02

栄養不足が不安だという妊婦さんの頼もしい味方と言えば、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。







ピジョンが発売している葉酸サプリにはいくつかの種類がありますし、殆どの葉酸サプリに鉄分やビタミン、カルシウムなど妊婦や女性に嬉しい成分が含有されていて、これらの成分が一錠にまとめて詰め込まれています。







この葉酸サプリであれば、様々なサプリを複数飲む必要が無いため、手軽に十分な栄養素を摂取出来ます。







管理も楽なので、おススメです。







ピジョンのサプリには、それぞれのサプリが含有している成分に特徴がありますから、ご自身が不足しがちな栄養素が入ったサプリを選んでみてくださいね。







ご存じないかもしれませんが、葉酸は妊娠の前から摂取して妊娠初期の段階で体内にあるという状態が望ましいとされています。







不妊症治療の時点で、子供を望んでいるのですから、同時進行で葉酸の摂取を意識することも赤ちゃんの先天性奇形を事前に予防するという点も考えて大事な事となってきます。







妊活というとたいていは女性が主導権を持ってする事だと思われることが多いですが、子供というのは夫婦で望んでもうけるものなので、男の人も当然、必要だと思います。







女の人の排卵の仕組みを学んで、どういったタイミングでセックスをすると、子供ができやすいのかということを把握しておくことも男の人にとっての立派な妊活のひとつなのではないでしょうか。







私はただいま妊活中です。







妊娠をしたいがためにいろいろと頑張っています。







そして、葉酸サプリも愛飲しているのです。







でも、それだけじゃなく、毎日早起きして、夫と共にウォーキングもしています。







妊活には体を動かすことも大切だといわれますし、一緒にウォーキングをしていくことがコミュニケーションに繋がっていると思います。







妊娠を視野に入れている、あるいは、妊娠している女性であれば、胎児の健全な成長のため、努力して葉酸を摂取しようとするものです。







しかし、取り入れる量には気をつけないといけません。







というのも、過剰に取り入れると、短所があるようです。







適切な摂取量をぜひ確認していくことが重要です。







最近よく聞く、葉酸は子供を授かる前から体に取り入れるようにして妊娠初期、中期まで継続的に摂取することが望ましいとされている栄養素です。







赤ん坊の先天性奇形を予防する効果が認められているんですね。







サプリメントから摂取する手段もありますが、ほうれん草、芽キャベツといったベジタブルにも豊富に含まれている栄養分なので、子どもを授かった初期の段階では意識的に、体に取り入れたいものです。







ご存知の通り、葉酸は妊娠中の女性の間では、つわりを軽くしてくれるとよく話題にのぼります。







説が色々唱えられますが、葉酸をきちんと摂取できているという安心感により、プレママのストレスが減り、つわりが軽くなるのではないかという考えもあるようです。







なんにしても、特に妊娠初期は通常の二倍の量を摂るのが望ましいと言われています。







ここだけの話、ベルタの葉酸が入ったサプリメントを結構前から、摂取しています。







葉酸は妊娠しているときには是非とも摂っておきたい栄養なのです。







赤ん坊のためにも、不安がないものを口にしたいと思います。







そして、いつでも美しくいたいので、美や健康に効能がある成分が混ぜ込まれているベルタの葉酸を選んだ理由なんです。







一般的に、野菜の中でも葉酸が多いと言われているのは、高い栄養価で知られるモロヘイヤや、小松菜、菜の花などの青菜系の葉菜が多いようです。







妊娠が発覚してから、早めにこれらの食材を摂取することによって、お腹の赤ちゃんの先天異常などの危険性を下げる可能性があるという報告があります。







ですが、様々な問題で毎日野菜を食べるのが難しい、という場合には納豆や貝類を食べるのをおススメします。







私がやっと妊娠できたのは、葉酸サプリのおかげだと思っています。







この間、テレビで見るまで知りませんでしたが葉酸サプリの必要性を改めて知りました。







妊活に励んでいる人が自らすすんで飲むといいサプリだったのです。







私は嫁いでから3年、一向に子供ができませんでした。







だから、試してみたのがよかったのか、半年後にめでたく子供を授かりました。







葉酸は赤ちゃんを作ることを考え始めた段階から妊娠の初期にかけて飲み続ける事が理想とされており、赤ちゃんの先天性奇形を予防する効果があるといわれています。







妊娠して3ヵ月くらいまでの期間は、葉酸の含まれた食品やサプリなどからなるべく摂取する事が重要です。







妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省の勧告により、葉酸の適切な摂取が求められています。







妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に葉酸が不足してしまうと、例えば、神経管閉鎖障害に代表される先天的障害が発症する危険性があります。







受胎時からはじまる細胞分裂に影響が出ないよう、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省より求められているわけです。







中々妊娠しにくい原因の1つとして体の血行の悪さを起因とした冷え性が考えられます。







その冷えを根本的に改める為に、食事療法を行う事が重要になるわけですね。







身体をを芯から温めてくれる生姜や根菜などを意識して食生活の中に取り入れて、体を冷やす原因となる食品を食べないことも、妊娠するための、体質改善への通り道でしょう。







毎日、私は葉酸サプリを摂取を続けているんです。







飲み方については非常に簡単です。







サプリは飲みやすい大きさなので、多めのお水と一緒に飲むだけで良いんですね。







飲み辛く感じるようなニオイもありませんし、ただ飲み忘れないように心がける天です。







葉酸を飲んでいるのは胎児のためでもありますが、体のためにもなるということなので、続けて飲んでいこうと考えています。







生まれる赤ちゃんが男の子なのか女の子なのか気になってしまうところですよね。







妊活中に可能な産み分け方法があるのです。







例えば、タイミングを計るなど自分で出来るような方法から、医師に相談するといった方法まであり、男女の産み分けがうまくできた人もいます。







とはいっても、赤ちゃんは授かり物です。







希望する性別の子供が必ず授かるとは限らないですが、産み分けにチャレンジしてみるのもいいかもしれません。







妊活中の話ですが、友達が貸してくれた「産み分け」についての本を読んで勉強しました。







長男を出産した後でしたので、次は女の子を授かりたい、と考えていました。







本に載っていたように、排卵日を特定した後うまくタイミングを合わせたりしながら、産み分けにチャレンジしたという訳です。







妊娠した時は、産み分けの事がありましたから性別が判明する時までは期待アリ、不安アリ、という感じで緊張してしまいました。







結果は女の子でしたから、主人もとても喜びました。







産み分けをして良かったと思っています。







不妊症の原因は多々あると思います。







ですが、病院にいって多種多様の不妊検査をしてみると、明確な原因が提示される場合とはっきりとはわからない場合があります。







不調がみつかればその治療をすればよいですが、何が原因なのか明確でない場合、普段の食べるものにも目を向けてみることが大事だと思います。







毎日話なので、何をどう食すかにより、身体の状態が変わると考えます。







妊娠に必要ある栄養素が存在するなんて、妊活をしだすまでは知りもしませんでした。







葉酸は特に妊娠には絶対に必要な栄養素で、さらに、いつもの食事からではなかなか摂ることができない栄養素なんですね。







葉酸を食事に取り入れるようになって、割とすぐ妊娠したので、以前は、葉酸が足りていなかったのだと思います。







葉酸はいつまで飲むのが良いのか疑問に思っている方もいますよね。







一般的には妊娠前から妊娠3か月の間、葉酸を摂ることが必須であると厚生省が推奨していますが、この期間を過ぎた後、具体的には妊娠中期から後期の妊婦にとって、葉酸は必要ないのでしょうか。







確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。







ですが全く摂らなくなっても良いのかというと決してそうではないんですよね。







葉酸の働きである、赤ちゃんが先天性の障害を発症するというリスクを低減してくれるという話では、妊娠3ヶ月までの期間が大切な期間という訳です。







なので妊娠3ヶ月までの葉酸摂取を特に推奨している訳であって、決して葉酸摂取の期間を限っているのではありません。







実は葉酸は妊娠している女性の間では、つわりにも効くと話題にあがります。







これはいろんな説がありますが、葉酸を摂取できている安心感のために、妊婦のストレスが軽減され、つわりが軽くなるのではないかという考えもあるようです。







どっちにしても、特に妊娠の初期段階は普段の倍の量を摂るのが理想と言われています。








http://blog.livedoor.jp/hab5vmc-hab5vmc/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:j1oeuqy
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j1oeuqy/index1_0.rdf