キマダラセセリだけど齋藤

January 10 [Sun], 2016, 4:22
ボーイフレンドを手にしたレディーやガールフレンドのいる男の人、妻のいる人や恋人関係をピリオドを打ってすぐの人が恋の相談を話しだす時は、
その相手に恋心を抱いているということが相当な確率で強めと悟ることができるでしょう。
大人になる前の頃のいつもストライクゾーンが周りにいるような気持ちが変わらないと、ことさら努力などしないでも
ほっといても機会は知らず知らず現れる!などと馬鹿にしてると、最終的にそんな話はなかった。。。みたいな感じに自信喪失するハメにもなりかねません。
己の思っている人物から色恋に関する悩み相談のってほしいとせがまれると口惜しいありさまになるでしょうけど、
恋心というものの根本がどういったことかを知っていたらシンプルな話、この動向ははなはだ貴重なチャンスと言えるはずです。
ごく普通の普段の生活の中でなんらかの接点をもった人間が全くお気に入りではないということでも、
こういう関係を長続きさせるのは大切です。
自分の風貌がイケてないとか、勝手にどうせイケメンが好みなんでしょ?とか決めつけて、好みの人を距離をおいて不安げに見つめているだけになってはいませんか??
伸るか反るかという言葉がありますが、全てにおいてなんらかの行動を起こしたうえでゴールがあるのであって、どうなるかも分からない結果に怯えてただ不安がっているのはまったくもって愚かしいことと言えますね。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:アイナ
読者になる
2016年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j1akc1noeechu6/index1_0.rdf