どんな印鑑でも使えるのだから

November 04 [Wed], 2015, 9:28
次に印鑑をつくる時は、イラストが入っている印鑑を選ぼうと思います。


例えば動物やキャラクターが描かれていて、オリジナル性ある印鑑を作ってくれるショップがあるんですよね。


顔の表情も選べて、自分らしい印鑑が作れ沿う。


実印がほしい人にはむきませんが、認印としては特に問題なく使えるようです。


銀行で使う勇気はありませんが、会社で使うならコミュニケーションつくりになり沿うですよね。


単調な事務作業も楽しくなり沿う。


安く買えるので、、いくつか種類を買ってみたいと思っています。


ネットで実印を注文しようとした時に、合わせて銀行印も注文すればセット価格になるということでした。


使っていた銀行印は間に合わせのあまり考えてないで使っていて、心のどこかで気になっていたので、このタイミングでつくることにしました。


印鑑を新しくつくるのだから、既製品のようなタテ彫りにはしないで、ヨコ彫りにしてみました。


それから、銀行印らしい吉相体を選びました。


沿う沿う、アタリはなしにしました。


おおきさは、少し大きめの12mmにしました。


印鑑の素材は象牙や黒水牛の角、近頃はチタンなど、欠けにくく強度があるものが多いです。


中には、実印と銀行印を同一材質でサイズと刻む文字を実印には氏名を、銀行印には氏を入れ、セット価格にした商品もあります。


実印は意味のある印鑑である事を心に刻み、押印する事を安易に考えないように、それなりの値段の印鑑を誂え、慎重にあつかう習慣をも付ける一助とすべきなのです。


実印の購入は、ショッピングセンターの印鑑屋でも購入できますし、近頃はネット通販でも購入できる時代です。


実印を使用する機会が少ないと思いま す。


男性とくらべると女性はというと片手ほどしか使うことがないかもしれません。


そのれだけのために高額を払うのは無駄ではないかと思います。


今後、実印を購入しようという方は、一度ネットもどんな感じか目を通してほしいと思います。


手彫りでも作ってくれますし、材質も本当に色々なものから、チョイスして作れます。


はんこと言えば実印と三文判がありますが、三文判が家には予想外にありました。


自分で購入したのは二つだったのですが、知らない間に増えていったのです。


ある時は子供の卒業記念でもらったり、またある時は御友達から貰ったりしてだんだんと増えていきました。


しかしこんなにたくさんあっても使い道がないのですが、だからといって印鑑をゴミにするというのは気が引けます。


ありすぎて困っている印鑑の処分というのは、どうすれば良いのかと思う私でした。


印鑑の値段というのは何を使うかは勿論ですが、つくる方法や製作にかかる時間、実印のサイズといったものや仕入れ(会計上の勘定科目の一つで、日常の仕訳では「仕入」、損益計算書では「仕入高」になります)の仕方や送る方法の違い、営業の仕方といった少しのことからも値段に変動が大聴く出てきます。


大切に使うものなのであんまり安すぎるとちょっと不安を感じますし、ある程度の価格設定をされている実印を探して購入することをオススメします。


印鑑というのは長持ちするので、納得のいくものを持ちたいですよね。


女性が多く選ぶのは、花や和柄などあいらしいデザインの印鑑です。


かわいくてきっと愛着がわいてくると思います。


和柄印鑑には桜柄であったり、金魚やウサギなどのデザインがあります。


ネイルにつけるようなキラキラと目を引くものがついたはんこもあります。


ぷっくりとしたラインストーンがついているデザインの印鑑です。


スワロフスキーが使われているものは、スタイリッシュでありながら上品な雰囲気もあります。


こういったかわいい印鑑はプレゼントにも喜ばれています。


実印には印材が色々利用したものがあるのですが、中でも高級品といわれているのが象牙で作られたものです。


鮮明な印影、耐久性、持った時の重厚感は象牙が一番だといわれています。


人気が上がっているチタンの印鑑は、見た感じもよく、耐熱性もあるといわれています。


価格相場としては、象牙もチタンも同じぐらいです。


近所にある印鑑屋さんで必要な時に印鑑を購入していたのですが、少し前から私でも簡単に買えるのでサイトをみて印鑑を買うようになりました。


サイトでは色々な印材が売られているので印鑑屋さんに行って検討するよりも自分の趣味にあったハンコを購入することが出来るのです。


文字などもきちんと注文を聞いて仕上げてくれるのでネットでも安心して印鑑を手に入れる事ができます。


印鑑屋さんに行く手間も不要だし、印鑑はネットで手に入れることが多くなりました。


名前が変わった時、色々名義変更に行こうと思った時に印鑑を新たにつくることにしました。


どんな印鑑でも使えるのだから、つくりなおさなくてもいいなんて言っていた友達もいたけど、やっぱり旧姓の印鑑を使い続けるのはちがうなって思っての事です。


でも、これまた日本でも5本の指に入るくらい代表的な苗字に変わったんで、どこにでもある同じような既成品の印鑑は少し気が引けました。


思案した結果、ショッピングセンターでも作れる柄が可愛い印鑑があったので、それに名前を彫って貰いました。


お手軽に作れるけど、自分の印鑑という感じでいい感じでした。

詳しくはコチラ
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:みちこj0t1718r
読者になる
2015年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/j0t1718r/index1_0.rdf