田植えのお手伝いと懐かしい風景

May 26 [Tue], 2015, 10:05


先日 主人の実家の
田植えのお手伝いに行きました


主人の実家までは車で約2時間半
朝5時半に主人と一緒に家を出ました


私は4時半起き!
ひぇ〜ヾ(。・ω・)ノ


新婚の頃は
ゴールデンウィークに田植えをしていたので
ちょうど帰省時と重なり
お手伝いをできたことはあったのですが
それもほんの数回


お米の品種を変えてから
田植えの時期が少し遅くなったとのことで
帰省時には田植えがなくなり
また子供達が成長するにつれて
その時期に帰省することも難しくなり
久しくお手伝いをできずにいました


最近は義父母も高齢になってきたし
義兄夫婦や義姉は
義父母のそばに住んでいて
いつも手伝っているのに
私達だけ何もせずお米だけもらうことが
ちょっと心苦しかったのです


なので今年はやっとお手伝いできると
張り切って行って来ました(*´∀`)


新婚の頃
ほんの数回お手伝いした時は
一緒に田んぼまで行った訳ではなく
田んぼから戻って来た空の苗箱を
主人の実家で洗っただけで


田んぼまで行くのは今回が初めてだったので
興味津々で何だかワクワクしていました


私はやはり苗箱洗い担当でしたが
現在は義姉が田んぼのすぐそばに
家を建てて住んでいるので
義姉宅の前で作業しました


田園風景って癒されるんですよね
私は大好きです


田んぼの畦道を歩くなんて
何年…何十年ぶりでしょうか


歩いているとポチャンと音がして
ふと見ると
私の足音に驚いて
田んぼの水の中に飛び込んだ
蛙が泳いでいたり


畦道の横には小川が流れていて
透き通った水の中に
綺麗な石がごろごろと転がっていたり…


そんな光景を見た瞬間
ちょっとタイムスリップしたような
気分になりました


子供の頃
そういう風景はとても身近にあり
蛙やアメンボが泳ぐのを眺めたり
川でタニシやザリガニをつかまえたり


シロツメクサで花冠を作ったり
れんげ畑で転がり回って遊んだ…


そんな懐かしい思い出が
鮮明によみがえってきました


学校があるので連れて来れなかった子供達に
見せてあげたかったなぁーと
すごく思いました


今の子供達はなかなかこういう風景の中で
自然に触れ合える機会がないですよね


ゲームとかスマホとか
とても面白くて便利で魅力的ではあるけれど


こういう体験も是非させてあげたいなぁー
と思いました


息子が小学生の頃
近所の子供達と遊んでいて
「何もすることがない」と言って
みんなで戻って来たことがあって
何だか悲しくなった記憶があります


遊ぶ場所が減ったこともあるのでしょうが…
私達が子供の頃
外で遊んでいて退屈したことなんて
一度もありませんでした


来年は学校が休みの日に田植えがあったら
是非連れて行ってやりたいな


本当は学校を休ませてでも
連れて行ってやりたいぐらいです


私が洗った苗箱は全部で約120枚程
義姉と一緒に手分けしてですが…


初めのうちは楽しくてウキウキしていましたが
最後の方にはさすがに疲れてきて
残りの苗箱を見てちょっとゲンナリしました
(^_^;)


でも終わってみると
疲れてはいるけど
普段の屋内での仕事の疲れとは違って
とても心地よい疲労感


やっぱり外で身体を動かすと
気持ちがいいものですね(*´∀`)


いつもこんな大変な思いをして
お米や野菜を作ってくれている
主人の両親や兄弟に改めて感謝です






↓押してもらえるとウレシイです☆
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール
  • プロフィール画像
  • ニックネーム:きらら
  • 性別:女性
  • 血液型:O型
  • 職業:
  • 趣味:
    ・嵐ゴト-ゆるくですが…いつも元気をもらってます。
    ・ブログ-ブログに限らず記録媒体が好きです。
    ・ドライブ-運転しながら流れ行く窓の景色を見るのが好きです。
読者になる
夫・娘(大1)・息子(高2)・実母・私(アラフォー パート主婦)の5人家族です。思春期の子育て真っ最中。息子の不登校を経験して見えたいろんなこと。まだまだ親として子供たちと一緒に成長中です。当たり前のようで当たり前じゃない幸せを大切に生きていきたい。そんな主婦の日々の出来事や心模様を綴ります。保育士目指して勉強中です。嵐の松本潤くんが大好きです。
2015年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
ヤプミー!一覧
読者になる