I can fly!

January 06 [Fri], 2017, 17:18


HAPPY 2017:)
I hope you have a great year.

写真はバリで買って、その場でつけてもらったツバメモチーフのブレスレット。
ちょうど12月中にそれまでつけてたブレスレットが切れたので、ウブドでコレ!と思えたのを買ってきました。
おりしも今年は酉年。
ツバメモチーフは幸せを運んでくると言われているし、私が飛び立とうと思っている次の世界が、
幸せなものでありますように。


バリは本当に素敵な場所でした。
1歩踏み出すための背中を押してもらったような、そのままで良いよとも自分を認めてもらえたような、
不思議で暖かい経験をしてきました。

バリは神様の島。
小さい子から、お年寄りの方まで、神様を本当に大切に思っているのか、
そこかしこにお供えがちゃんとしてあって、
そうゆう目に見えないものを敬う姿勢を私も忘れないでいたいです。

ウブドでバリワイン

世界はひとつじゃない

December 21 [Wed], 2016, 0:20

clear sky, mother earth.
beautiful.
仙台市天文台で買ったアースキャンディー。澄んだ青空に映えて美しい。

明日からまた海外へ行く。
世界は果てしなく広くとも、そうやって自由にいろんな場所に行けるはずなのに、
自分の人生においては自由の前に臆病になってしまう。

来年はあれをする、と決めていることが2つあるけれど、
ちゃんとできるだろうか、それとも遅いのだろうか、
やりたいことや目標は見えているはずなのに、一歩踏み出す勇気が出ない。
。。。。。

もう少し、悩もう。悩んで、ちゃんと答えを出そう。

はやくも

November 13 [Sun], 2016, 13:06
はやくもクリスマスツリーを飾りました。



去年の年末にダナンへ行った時、ベトナム笠のノンラーが上についているこの飾りがあまりにかわいくて。
置くタイプのではなくかけるタイプのがいいなぁ、と話したら
バックヤードに連れてってくれて、その場でちょちょいとかけるタイプに直してくれた。




ハンドメイドのあたたかみがある。


そしてはやくも、自分へクリスマスプレゼント。ま、別にそうじゃなくても買いました笑
電気屋さんで予約してまでほしかったファミコンミニ。

御朱印

November 06 [Sun], 2016, 14:27
せっかく再開したのだから、月に1回くらいはちゃんと更新したい。
でも月1だと、何を書こうか迷いますな。

西日本をぐるりと旅をした時に、厳島神社で御朱印帳を買いまして、
それから時々御朱印をいただいています。ゆる御朱印ガール。
それをいただくために何処かへ行ったりはしないのだけれど、行った先で神社仏閣に参拝した時に。

夏に行った宮城では、榴岡天満宮へ行って、初めて見開きで御朱印をいただきました。



もちろん熊本でも。
熊本城は入れなかったのですが、隣の加藤神社は参拝することができたので、
そちらでももちろんいただきましたし、
倒壊していた阿蘇神社でも、社務所は開いていたので、そちらでもいただきました。




で、こちら名古屋にも太閤さんを祀っている豊国神社がありまして、
名古屋は加藤清正公のゆかりの地でもありまして、
熊本とは加藤清正つながりとゆうことで、復興支援の御朱印が限定でいただけるらしく、
そちらもいただきました。
右が通常の豊国神社の御朱印、左が復興支援の御朱印。
金の文字に紫の印がめずらしくてありがたい気がしますわね。笑


ところで豊国神社には自転車で向かったのですが、最近は自転車に乗るのにはまっています。
夏は暑すぎて日中外に出たくなかったので、今頃になって腕時計焼けが・・・!
海の見える公園まで行ったり、街まで出かけてみたり、こうやって神社を参拝してみたり。
気候が良い時期は本当に短いけれど、
自転車こぎこぎ、また御朱印をいただきに出かけたいな。



【追記】

追記阿蘇神社、ついに復旧が始まったようです。



その動画の様子がとても前向きで、思わずシェア!
わたしもあまりに微力だけれど、Tポイントなんかをこちこちと寄付しているので、とても嬉しい。

できることを、今ここから続けていこう!

おのくん。

October 02 [Sun], 2016, 21:43
もう少しだけ、夏の話を。

夏に行った宮城は東松島市。
2011年の6月に支援に入った時、そのベースとなる宿があったのが東松島でした。
でも気持ち的にも、時間的にも余裕がなくて、当時は周囲を見てまわるなんて全くできず、
今回、ちゃんと東松島の観光をして、ちょっと感慨深いものがあったなぁ。

で、いつからかその存在を知っていたのが、東松島市は陸前小野駅、
その近くの仮設住宅に住んでらっしゃるお母さんたちが作られてる、ソックモンキーのおのくん
これが!どうしても、ずっとほしくてほしくて!
夏の旅はおのくんを買いに宮城まで行った、と言っても言い過ぎではないくらい。



そこは靴下、1体1体柄が違えば、素材も違って、大きさも違うから、本当に迷いに迷って連れて帰りました。
わたし的旅のお土産の定番、ステッカーも。すでにスーツケースに貼ってあります。

わたしは電車の時間もあるし、駅のすぐ隣にある空の駅にうかがったのだけれど、
(建物の様子なんかは、ぜひ下の動画見てね)
少し歩いて仮設住宅の方までうかがうと、もっとたくさんのおのくんがスタンバっているらしい。
おのくんを眺めては、また宮城へとの思いをはせるのでした。


そう、4年後も良いけど、今もなおチクチクと頑張っている方々を応援したい。
もはやコンパクトオリンピックではなくなるのかもしれないけれど、
宮城好きなわたしとしては、ボート競技、登米市での開催、賛成です。



震災から5年。行くぜ、東北!2016

September 01 [Thu], 2016, 22:39
今年は東日本大震災から5年。
支援に入ったのも2011年と2012年。
それからずっと気になりつつも、宮城に行けていなかったので、
今年は絶対宮城に行く、と決めていました。

1日目は2015年に全線再開通した石巻線に乗って、まずは女川駅へ。
女川駅から石巻線、仙石線と揺られて、2011年当時支援のベース宿があった東松島でも下車。
当時は全く観光する余裕なんてなくて、宿以外の場所へ初めて訪れることができました。
その日の様子を、ほんの少しだけですが、また動画にしてみました。
(途中広告バナーが出たら、バナーの×で消してやってください)




2日目は特に予定がなかったので、石巻で4年ぶりに開催されてたフェスにでも行こうか迷っていたのだけれど、
同じ石巻で行われてた川開き祭りへ行きました。
もともと川開き祭りは、川への恵みを感謝するとともに、ご先祖様を供養するお祭り。
また震災で亡くなった方々を追悼する意味も込められて、
灯篭が流されたり、手を合わせる場所も設けられていました。




仙台駅も、石巻駅も、見違えるほど整備されていました。
ただ郊外には、真新しい墓石がずらりと並んでいました。

去年やっと全線再開した石巻線、女川駅も立派に新しい建物になりました。
その一方で、道を挟めば今尚整備のためにトラックが砂煙をあげて往来していました。

住職さんが、多くの支援に心から感謝します、と言ってくださいました。
でもいまだ2000人以上の方が行方不明のままだとも教えてくださいました。

お祭りでは子どもたちが、本当に楽しそうに屋台で食べ物を買ったり金魚すくいをしていました。
「震災で避難している間に、飼ってた虫が死んじゃったから、それから初めて生き物を飼うんだ」と教えてくれました。


静と動。生と死。
そうゆう正反対のものが、今なお密接に入り混じっていて、
時々泣いてしまいそうになる旅でした。


宮城から帰って、なか1日で熊本へ行って、また倒壊した建物を目の当たりにしてきたので、
なんかこう、一人で考えるともなしにいろんなことを考えていました。

例えば東京オリンピックも、4年後それは絶対わたしも楽しむんだろうけれど、
そのために今ある建物を壊して新しく作り変えることに、どれだけの価値があるんだろう、とか。
そのためのお金や重機や人手を、ぜひ東北や九州のために使ってほしいな、とか。

そして、今でもわたしにできることはなんだろうか、とか。

現地に行った時は、たくさんお土産を買って、それを作っている人たちの少しでも応援できればと思ったし、
そのお土産を渡す時には、旅の思い出を話したりとか、
これもまたこうやってブログに書いたり、動画にすることで、
少しでも多くの人に伝わるといいな、と思っています。

そしてまた節目節目で、宮城を訪れたいと思います。


ふっこう割で熊本へ

August 18 [Thu], 2016, 23:29
1年以上ぶりにブログを書いてみます。
ログインのためのアドレスもパスワードも忘れてしまっていたのと、
SNSもやっているから、ブログがあまり自分に必要でなくなってしまったので、
自分のページを開くこともいつしか無くなっていました。

でも改めて読み返してみると、「大変だ、というのはとても嫌い」と言いつつも、
一方で「しんどいしんどい」と書いていて笑
わたしにとって、確かにブログは大事な場だったんだなぁ、と思い返しています。




8月のあたまに九州ふっこう割を利用して、熊本へ行ってきました。

熊本へ行ったら、テレビで見て勝手に想像していたよりも、熊本城は倒壊・崩落していました。
完全復旧までに20年、600億かかる、というのも、思わず納得してしまうほど。
熊本城だけでなく、一般の家屋もたくさん崩壊していたし、通行止の道も多く、
建て直しのための取り壊しさえ、まだ始まっていない所も多いようでした。

2日目はレンタカーで阿蘇方面へ。
ドライブしながら、阿蘇の山々が思わず
「あぁーここには神様がおるなぁー」と何度も口にしてしまうほど美しくて、
感動したまま阿蘇神社に参拝したら、阿蘇神社も倒壊していたのです。
そのギャップになんかこう、揺さぶられてしまって、グッときてしまいました。

そんなことを感じた旅だったので、これはちゃんと募金しよう、と思って
空港に行く前に県庁の税務課へ行ってふるさと納税をしてきたのですが、
対応をしてくださった方が、
  「家が残っているか、倒壊したか、これによってその後が大きく違う気がします」
  「家さえあれば、そこから仕事に行けたりします」
  「余震があっても、家に守られるとゆうことが安心感になるんです」
  「だから被災されてない方にお伝えしたいのは、ぜひお家の耐震をしてほしいとゆうことです」
とおっしゃってくださいました。


この経験を、こうゆう言葉を、わたしもちゃんと伝えて行きたいと思って、
で、こうして1年ぶりにブログに書いています。
写真もちまちまとiMovieで動画にしてみました。それが上の動画です。

このブログがどれだけの人に読んでもらえるのかわからないけれど、
少しでも多くの人に伝わると良いなぁ、と思います。

きんきょう

June 06 [Sat], 2015, 12:36

いろいろな変化があり、引っ越しもして、自分の人生の新シーズンが始まっております。
写真は新居から徒歩1分の河川敷。気持ち良すぎるし、静かだし、良い場所に引っ越せました。


4月から超々非常勤やけれど、地元で働き始めました。
大学1年の時に県外に引っ越してから、今もそのまま県外で働いているのやけれど、
自分から応募したわけでもなく、なんと不思議なご縁で「やってみませんか?」と声をかけていただいたのでした。

あまり意識していなかったけれど、いざ始まってみれば、
これまでずっと県外で身につけてきたものを使って、地元のために働ける喜び、とゆうものがすごいある。
今まで全く意識していなかったけれど、「地元を良くしたい」「地元に貢献したい」という思いを、
わたしなりにどこかしら持っていたのかもしれない。

そしてささいなことだけれど、そこにいる人たちと使う言葉(方言)が自分と一緒で、
あぁ、ここがわたしのホームなんだなぁ、とじわじわ安心感がある。

そう、気分は広島に戻ってきた黒田。 自分は黒田だと思っている。笑
ま、黒田とはいろいろスケールは違うけど、わたしらしい投球をし続けようと思う。

別れの季節

March 01 [Sun], 2015, 12:05

きのうは、4月にアメリカに帰っちゃう友人と会っていたら、その後大好きなSAKEROCK解散のニュースが。
わたし自身も異動だし、なんか本当に別れの季節。さみしいなぁ、と素直に思います。

願わくば、その最後は幸せなものでありますように。
写真はわかりづらいけど、SAKEROCKのHappyendingが流れているところ。

Do more of what makes me happy!

February 22 [Sun], 2015, 17:50
日々いろんないろーんなことがあって、ちょっと真面目に悩みすぎました。
真正面から落ち込んだりしていたけれど、
本当もっと自分がハッピーになれることも楽しもうー♪とやっとこ思いまして。

例によって1年に1回くらい受けているスタバのコーヒーセミナー。
今回はハンドドリップの講習を。


今まで我流でやっていたけれど、これからはおいしいコーヒー淹れちゃうわよ。


今日はステキな朝食を食べに行ってきた。仕事のときより早起きした笑
エッグベネディクトとブリトーを1つずつ交換して。おいしかった!


日差しも強くなってきて、もう厚着するの飽きた!寒さがわたしをだめにする!
早くあったかくな〜れ〜〜
yaplog!広告
プロフィール
name:ジュリ
I♡映画、読書、コーヒー、カメラ、アイス、ホットヨガ、インドカレー、ジンベイザメ、DEAN&DELUCAのラテ、シートパック、和柄、シャボン玉、万城目学、森見登美彦、ルピシアのお茶、お花、マンゴー、きゅうり、旅、トルコ、トマト、ハンドメイド、靴、ピンク色、スヌーピー
グリムスの樹、育成中!
大人の樹に成長すると、実際に植樹されます!今のところ6本分が植樹されました♪
ひとことお待ちしています

TITLE


MESSAGE