ふみか先生の乙4講座 危険物取扱者試験対策講座 

August 18 [Mon], 2014, 13:59
●危険物取扱者試験ってどんなもの? No.1

(先生)はじめまして、こんにちは。

    危険物の取扱について、これから一緒に勉強していきましょう。

    乙4講座を担当します、ふみかと申します。

    よろしくお願いします。

    

    私たちがこれから学んでいく危険物取扱者については

    「消防法で定義された、火災を発生させる危険性の高い物質」

    これらについて勉強していきます。





(いずみ)家で天ぷらを揚げたりする、油などでしょうか?





(先生)うん、動植物油なども当てはまるわ。

    また車で使用するガソリン、軽油などもそうね。

    乙4講座ではこれらを中心に勉強していくわね。





(美菜)そっか。

    でも乙4の試験ってどれくらいのレベルなの?

    けっこう難しい感じ?





(先生)乙4の合格率は30%前後くらいかしら。

    乙4は、甲種、丙種と比べて特に受験者数が多いわね。

それじゃどんな問題が出題されるのか、ちょっと見てみましょう。





公式ホームページ 

ふみか先生の危険物取扱者試験講座





問題  危険物の説明で正しいのはどれでしょう?


1.甲種、乙種、丙種に分類される。
2.第一類から第三類に分類される。
3.指定数量が小さい物ほど危険性が高い。
4.消防法で定められた、化学性薬品である。
5.分類の中で最も危険な物は第三類である。





(先生)さあどれが正しいかしら?

    わかりそうな選択肢あるかな?



(美菜)これ「1. 甲種、乙種、丙種に分類される」が正しいんじゃない。

    たしか甲、乙、丙種に分かれてるよね。

    本屋さんに並んでるの、見たことあるよ。





(先生)うーん、残念。

    というのも、これは危険物取扱者免状の分類で、

    危険物の分類じゃないから、これは×ね。

    ちょっとややこしいわね。



(美菜)それじゃ、「2. 第一類から第三類に分類される」は、

・・・

間違ってそうかな?

    



(先生)うん、「2」は間違っているわ。

    第一類から第六類に分類される、なら正解よ。





(いずみ)「3. 指定数量が小さい物ほど危険性が高い」はどうでしょう。

・・・

○のような気がします。





(先生)うん。これが正解になるわね。

指定数量っていうのは、消防法の規制を受ける危険物の量のこと。

簡単に言うと、危険物でも量が少なければ危険性は少なくなるよね。

よって危険性が高い物は指定数量はちょっとだけ、

逆に危険性が低いものは、指定数量が多め、となるわけ。



    それじゃ、残りについても見ていきましょう。

 「4.消防法で定められた、化学性薬品である」

これはどうかな?



(美菜)「×」だよね。





(先生)どうして?





(美菜)えっ? 答えは「3」だから、他のは×でしょ。





(先生)・・・

ま、そうなんだけど・・・





(いずみ)化学薬品以外にも危険物があるから×だと思います。





(先生)うん、そのとおりね。

    危険物には化学薬品以外の物も含まれるわ。



    それじゃ最後、

「5. 分類の中で最も危険な物は第三類である」これは?





(美菜)はい、×でございます。





(先生)・・・どうして?





(美菜)答えは「3」だから・・・じゃなくて・・・

    えっと、一番危険なのは第三類じゃなくて、第一類だから?





(先生)うーん・・・残念!

    危険物の分類っていうのは、危険物の性質によって分けられているの。

    だから危険性によって分類されていないのよ。





(美菜)じゃあ危険物は全部危険ってことなんだ。

    



(先生)うん、そういうことね。

    ちなみに第一類は酸化性固体、具体的には塩素酸カリウムなど

第三類は自然発火性物質及び禁水性物質、ナトリウム、リチウムなどがあるわ。





(美菜)???

・・・まあ、ナトリウムくらいは・・・

    



(いずみ)塩素酸カリウムって聞いたことないです。





(先生)大丈夫、大丈夫。

    これから勉強していく乙4の分類は聞いたことのある物が多いから。

    ガソリン、灯油、軽油、エタノールなどよ。

    

危険物全般に関する選択問題もあるから、これからしっかり

勉強していきましょうね。



公式ホームページ 

ふみか先生の危険物取扱者試験講座



内容を適用した結果生じたこと、また適用できなかった結果について、

一切の責任を負いませんのでご了承ください。