MONOEYESを見た

December 20 [Sun], 2015, 0:12
お久しぶりです。1年は書いてないと思っていたらそうでもなかった(笑)

て事で、Twitterでは書ききれない、色んな思いが溢れ出てしまったので、
ここの存在を思い出しました。
ちょいちょいーっと書いてみようと思います。

MONOEYES、まぁ個人的に言うと、単純に細美武士の様子を伺いに行った、
て事です。
率直な感想として、良かったです。
何より、今まで見た(エルレがストップして以降)中では、
タケ坊が一番のびのびと自分らしく振舞っていて楽しく生きていたように見えました。
だから私は、スコットがいてくれて良かったな、と思いましたね。
最高の時代を共に生き、最低な時代を乗り越えた今を支え、
また共に音を奏でてくれたスコットに感謝します。

最初にMONOEYESのCDを聞いた時、正直複雑な思いを抱きました。
なんでか分かりますか?
どうしてもエルレが頭をよぎるからです。

正直な気持ちを書くとするならば、あの手の音をやるのならば、
私はウブとヒロさんと雄一が脇を固めている
ELLEGARDENというバンドじゃないと聞きたくなかった。
でも、今彼は違うメンバーとやっている。

わかっている。私が愛していたEは、
恐らく天と地がひっくり返るくらいの出来事が起こらない限り、
復活する事はない。それでもこの手の音はあの4人以外では聞きたくなかった。

彼も暫くそうだったのではないか?と勝手ではあるが思ってました。
でもこのバンドをやる決断をした。
イコール私は、彼が本当の意味で、あのバンドへの執着を取っ払う事ができたのか、
と思いました。

あの人結局、Eの存在が大きすぎたので、何をやっても離れなかったんじゃないかと思ってるんです私。
でもようやく今本当の意味での新たな1歩を踏み出す事が出来るようになったのかな
と、そう思いました。
じゃないと、あの手の音、彼はできなかったと思います。
まぁもちろん私の勝手な意見ではありますがね。
でもなー、そうじゃないかと思ってるんだよなー

中盤にさしかかるまで、正直泣きそうだったんですよ。
スコットは大好き、イッセさんも好き、トディくんも好き、
だけど、私が求めているメンバーとは違う。
こういう曲の時はウブがあんな事やってて、ヒロさん睨みきかけてて、雄一変な顔してて…
とか、色んな思い出や表情とか、とにかく頭ん中にいっぱいいっぱいEの事が出てきてしまって…。
なによりそこにスコットがいるばっかりに、Eとallisterとの対バンツアーを回った事が
やたらめったら脳裏に溢れてきて、とても心がグチャグチャ状態になりました。
楽しい思い出も悲しい思い出も辛い思い出も、全てひっくるめて
Eを強く愛し求める気持ちが大きすぎ、切なく苦しくなってきてしまった。。。

でも何故だろう。allisterの曲を1曲やってくれた時に、
パツンと何か弾けたというか、楽しくて、みんなと一緒にバカやって笑いあった様々なことが
『楽しい事』として複雑な思いを塗り替えてくれたというか。
それからですね、純粋にMONOEYESとしてのパフォーマンスが楽しめるようになったのはね。

基本的に彼は変わってないんですよね。
バカでクソみたいな事相変わらず言っていたし(笑)
ただ、さすがにホント初老の40超えて(笑)機嫌の良し悪しには殆ど左右されなくなったかな。
とても今の状態が良いんだろうな、とそう思える音とパフォーマンス。
精神状態がとても良く、納得して音楽ができているな、と。
そう感じた2時間弱でした。

今MONOEYESを見に来ている多くの子達が、エルレというバンドを見たこと無いんだと思いますが
ぶっちゃけ、こんなもんじゃ無いんですよ。
やっぱ若かったから、もっと凄かった。何が?と言われても困るけど(笑)

モノは凄くいいと思います。
だけどやはり場馴れしまくったメンバーが
やっている音と、
がむしゃらに後先考えずとにかくかき鳴らしている音とでは、
迫ってくるパワーがまた種類的に違うなぁと。
でもそれが時間がなせる技というか、当たり前ですよね、
みんなそれぞれ時間は動いているんだから。

この日のハコはZepp FUKUOKA。
来年の5月に閉店が決まっています。
このブログのどこかでエルレ(というより特に細美武士)とZepp福岡の繋がり?
について書いたと思うので詳細は省きますけど
彼にとってとても大切な思い出深いハコでした。
おそらくあそこでやるのはあの日がもう最後。
私はどれだけあの場所が彼にとって大事な場所かをわかっているつもりなので、
名残惜しそうに語ってる姿がとても印象に残りましたね…。

で、気付いた人も多いと思いますが、本編終わってはけて行く時に、
彼が感謝を込めるように、ステージに両手をついて帰っていきました。
まるでありがとう、て言ってるようだった。ていうか多分言ってた。
あの姿、なんか涙出そうになって。
あぁ。もうこの大切な場所はなくなるんだな、て私も思ったりして。

そしてアンコールも終わって、いよいよ本当に最後になった時、
メンバー全員で挨拶した後、それはそれは名残惜しそうに、
しばらく天井を見上げながら、全体をくまなく見渡しながらしっかり目に焼き付け
そしてステージに穴開けるぞって位の感覚で、1歩1歩力を込めて
しっかりじっくり踏みしめて時間をかけて帰っていきました。
例えて言うと、新雪に足を踏み入れた時にちょっとギシギシ感を味わう感じ(笑)
て、変な例えになっちゃったけど本当そんな雰囲気だったの!!!
でもあの光景が、ちょっと忘れられないです。
微笑みながらも、本当に涙出ちゃいました…。

なんかいろんな感情が入り乱れる2時間でしたけど、
自分自身の気持ちを整理できたし、細美武士のまた新たな道も見れたし
行ってよかったな、と思いました。
何が一番って、結局行き着くところは
細美武士がちゃんと元気に生きる道を持ってるというのを確認できれば
それで充分て事です。

まだまだ彼の模索は続くだろうし、また壁もあるかと思うけど、
仲間に支えられてしっかり良い音楽、納得する音楽を奏でてくれれば、
とそう思います。


また様子伺いに行くね、タケ坊。

書くの忘れてた!FXの事

April 18 [Sat], 2015, 12:44
やばい、また後ほどーて前の記事しめたのに、
すっかりすっかり忘れてた(笑)
だから、FX福岡に行ったわけです。
今さら思い出したので少し書きますねー。

朝からやってたフェスのトリだけ見に行くという
なんとまぁ申し訳ない状況の中、大切なあいつに会いに行きました。
Nothing's Carved In Stone。2日間続いたフェスの大トリです。
個人的には1月以来なんで、そこまで久々ではなかったですが。

ここんとこ、フェスだからと言って、ザ、フェス!的なセトリは持ってこないですね。
終始アゲてアゲてな曲ではなく、きちんとNCISらしい個性のある拍子が入った曲や、
やれば必ず異常に盛り上がる曲はあえて外したり、そんなリストを組んでも、
きちんとフロアを盛り上げる力と人気が備わってきた所は成長したなぁと思わざるを得ませんね。

拓ちゃんも言ってましたけど、なんかワンマンみたいな感じだなぁ〜なんて。
そういうセトリでしたね。お客さんもみんなこのフェスの大トリだ!
といわんばかり、最後の想いを込めて盛り上がっていましたし。
いい光景でしたよ。お母さんは嬉しいです(笑)

さて肝心の生形真一くんですけど、いつも通り、平常運転異常なし。
あぁそう、今までそこまでなかったけど、時折空いてる左足を蹴り上げてプレイする光景がちょこちょこ見えました。
こういう姿が見えると、おぉ彼あがってんね!て感じでこっちもあがってきますよね。

MCではこのフェスがバンドにとってどれ程特別なものかを語っていました。
そうなんですよ、海中で開催した時に当時の主催者が
見事に彼らをブッキングをしてくれたんですよ。
感謝しまくったの覚えてます。
このブログでもしきりに書いたんじゃないのかな、
いわば彼らの本当のスタートのような場所の気がしたのでね。
やってるメンツは凄いんだけど、結局無名のバンドです。
当時1stアルバム出した直後1週間?位の時だったので。
しかも、人々の目はだいたいウブ君ではなくタケ坊の方を向いていたので
知らないとか噂は知ってるとかの程度のお客さんが殆ど。
ただその中で懸命にプレイしていたのが酷く印象的で。
まぁ特に私はお披露目ライブを見に行ってたのもあったし、
何よりウブ君なので思い入れは当時の主催者と同じレベルであったのは間違いなくてね。
懐かしいですねー!あの頃。
ど素人感丸出しの拓ちゃんとかね(笑)

まぁそのバンドのスタートからすれば、今や大トリを任されるというね。
素晴らしいステップアップというか、もちろん彼らが試行錯誤の末
努力やぶつかり合いやいろんな事楽しみつつも頑張ってきたからの現在です。
あれだけ知られていなかったバンドが、そこにいる全ての人を動かす力を持つようになったなんて、
本当に凄い事です。

そんな事を思わずにはいられないステージでした!
…だからどんな内容のステージだったんだ?笑
いやだから、良かった、て事です。
良くて良くて号泣、までは当然ないですけど(笑)
大トリでも、フェスに媚びていなくて個性がちゃんと出ている、
彼ららしいいいステージでした。

最近のFX開催地であるZepp FUKUOKAは来年5月で閉館し、
その後移転するかや同じ場所でまた再開するのか、等
今はまだ何もわからないので、FXも今現時点ではどこでどうなるのかはわかりませんが、
また次もあれば、ナッシングス呼んだって欲しいですね。
きっと、出るたびに初心を思い出すと思うので、
そういう場所はテングにならない為にもあった方がいい。
また呼んで下さい、よろしくお願いします。

FX2015に来ています

March 22 [Sun], 2015, 18:38
久々の投稿が、いきなりフェスに来ています、
という報告(笑)


現場へ出向く本数は減りに減りまくりましたが、
いちお相変わらず現場行っておりますよ。
ただし福岡のみって感じですが。


で、今FX2015に来ています。
2日目、今Nothing's Carved In Stone待ってます。
2デイズのZeppフェスですが、私は諸事情により単券で、なんとこれだけ(NCIS)見に来たんです(笑)
5000円だったんだけど、これが高かったと感じるかどうかは
今からの彼らにかかっています。


さて、厳しい、特に生形真一には厳しい私はちゃんと納得するのでしょうか!?


このフェス自体はちゃんと盛り上がりまくっているようで今年も成功なんでしょう。
何度かここでもぶっちゃけて書いたことありますが、
このフェスに関しては諸々あって、立ち上げの時〜海中開催時までは思い入れがあるのですが、
今は名前は同じでも当時のフェスとは中身というか意味合いが違うので、
自分の中ではもう思い入れがなくいわゆる普通のフェスの1つでしかありません(すみません)が、
せっかくのトリをウブ君たちが飾りますんで、
ならば驚くほどの凄いステージをやって欲しいと思っております。


では、また感想は後ほど〜

3ヶ月ぶり!

July 31 [Thu], 2014, 15:29
なんと5〜7月とまた3ヶ月も放置か・・・^^;

とりあえずあれっすね、以前の自分が思い出せないくらい、

この3ヶ月充実しすぎて、楽しい日々を過ごしていました。


この年になってこんなに毎日が楽しくて

新たな人々との関わり合いとかができるなんて

本当に思ってなかった。


と、いうことで、パワハラで精神ぶっ壊れたんですが、

すっかりしっかり復活しました!

あの悪夢の日々が、結果的にステキな3ヶ月を

与えてくれたんだ、と思うことにします。

関わってくれた環境や、人々に感謝です。


ライブは殆ど行っていませんが、そういえばちょっと書きたいなぁ

と思った現場があったので(ハイエイタスですけど)

今更ですねぇ・・・。でも2ヶ月前という事は、私的には普通か(笑)

ちょっと書き始めようかな!と思います

Nothing's Carved In Stone1月ツアーと3月イベント記録

March 27 [Thu], 2014, 15:22
Nothing’s Carved In Stone Dive Into The Crimson Tour
1/19福岡 1/29・30東京

たった4都市しか回らない、それでも全国ツアー(笑)
その初日を福岡で行ったのですねー。
なかなか良いスタートが切れていた印象。

当然手を抜いたプレイは一切ないし、
ただ初日というのはどこかしら少し様子見的な雰囲気があるというか
良かったんだけどまだまだ魅せる力を存分に溜め込んでいる感じで、
うん、次だな、次、て感じで私の中では終わりました。

注目すべきは私の大好きなDiacronic。
後半間奏部分で結構アレンジかかりまくっていて、
というより東京で聞いたら福岡とは違ったから、
お得意のアドリブというか、あぁセッションだったんだぁと気づいた・・・。

あくまで私個人の意見ですけど、福岡のセッションでは、
彼らが表現したい世界観は凄くわかるんだけど、
どうもそれが100%伝えきれてない気がするような…
う〜〜〜〜〜ん・・・。今の良かったの?そう?ホントに?
そうかなぁ・・・う〜〜〜〜〜ん・・・とか実は思っちゃって(笑)
て事でファイナルの東京をとても期待せずにはおれなくなりました。

でやっぱ東京では、これはなかなか良いじゃないか!
と感心して聞き入っている自分がいたわけで。
やっぱ短期間での修正力がハンパじゃないな、
というのを、毎回毎回毎回毎回・・・・・見せ付けられますよね。

昔は拓ちゃんがそこにどうついて来られるか?
という点も私の注目ポイントだったんですが、
今はもうそんな事を言う自体おこがましい感じですね。
4人の集合体がきちんと1つの作品を作り上げている。
誰一人と遅れる事無くね。

東京ですが。場所が新木場STUDIO COASTというわけで、
私は中2階の高いとこから見たかったのに、
1日目は残念ながら開放されてませんでした。
て事は、売れてないのかもね、て話しですね。
確かに当券出てたしなー。
でも2日目は1日目より集客あるだろうから中2階開放されるかなぁと
予想をしつつ、でもやる気が失せていて(いつも申し訳ありません)
ギリに行ってみたら予想通り開放(笑)
ま、いっかー。自分の責任だしー。

て事でメインフロア最後尾、自分の後ろは壁&カメラ隊の通路用に
立てられた柵。よってワタクシの後ろには何をどうやっても
文句を言う人がおりませんので、最終的にはその柵に足かけて
身長を異常に高くしておきました(笑)いやぁ素晴らしく見やすかったですねぇ。
ぷーやんの仕事が全部きれいに見えました。
まぁ距離はあるので、足元はダメでしたが。

今回からウブさんはアコギをステージ上でも使用してましたけど、
今まで干支1周レベルで彼を見てきた中で(笑)
やはりとっても新鮮でした。こんなに時が経っても、
何かしら新鮮な出来事って起こるんだなぁ、と。
アコギの音ってとても繊細で心の隙間に入ってくる感じなんですが、
彼お得意のウブペジオが余計に光る瞬間でした。
いやぁいいですね。いい加減ウブソロギターアルバム出して欲しいんだけど。

あと一つ思ったことは、拓ちゃんはバンドのフロントマンとして
今やもうドッシリと構えていて、ふざける事もほぼなくなったし、
きっと責任感やなんだかんだで歌い手として頑張って
うまく行っているこの現状や、周りのサポート等で
おそらく自分ワールドに入り始めたんじゃないか、という
なんとなーーーくな心配が。言いたいこと伝わるかわかんないけど。

ちょっとこう、なんというか、カリスマ性を出し始めてないか?
とか、フロントマンだからどっちかというとそういうカリスマ性は
あった方がバンドとしてもカッコいいとは思うんだけど、
ちょっとだけね、心配ね。マジメな子だと思うから、
あまりにこうストイックに、色々向き合いすぎちゃうと、
そのうち押しつぶされるような事が起こる気がしてね。
ちゃんとメンバーとの調和は忘れないで、自分ひとりで
カリスマ的存在には突っ走って欲しくない、そんな想いを抱きました。
私が言いたい雰囲気伝わりにくいだろうけど。
名指しで例をあげたいんだけど止めとく(笑)
まぁ、今現在は単に勝手に心配してるだけだから。

さて、現場の話に戻るけど、ここんとこ本編ラストの怒涛のような
ハイスピード&ハイテンション数曲はもう定番になったので、
おのおのそこに最大のパワーを使えるように溜めてる人と、
そこにきてやっとこさわーーー!と気分が上がってきて初めて
爆発する人と、色々入り混じって、本当に面白いです。
ピット周りで見ているだけでも面白いし、実際自分が
たまらずピットに入り込んでしまってもやっぱり面白いし
あの時のあの瞬間って本当に楽しい時間です。
メンバーもやはりここぞとばかりに煽ってきますし。
あの時の全体の笑顔ってのは、本当にいいもんですね。

今回のツアーの本編終わりからのアンコールまでの時間って、
ある一つの世界観が作られていました。
メンバーがハケた直後に流れ始めたSEは、瞬間にアンコールで
何の曲をやるのかを連想させ、その曲のイントロが流れるのを
幻想的雰囲気の中待つ感じでした。
アンコールを求める拍手はもちろん鳴っているんだけど、
どことなくアンコールではなくてオープニングを待つような
そんな緊張感というか、期待感というか、
胸がじわじわと熱を帯びていくような感触で。
終わったばかりなのに心がリセットされたような感じで、
メンバーが出てきた瞬間、オープニングと同じくらいの
期待感とドキドキと喜びが沸いてきたのを感じました。
とてもいい試みだったと思います。
ああいう演出はとても好きです。

で、先週末3/23には2ヶ月ぶりに来福してくれました。
F-Xというハコフェスです。Zepp福岡。
去年もNCISは出たんですけど、1年で知名度がどっと上がっているのが
あの日よく分かりました。あんなに人集まらなかったし去年。
持ち時間は30分弱。押してもいたし、とにかくバッと出てきて
ギャっとやってドッと帰っていった感じです(笑)
でも短い時間でもしっかり爪あとを残す事が出来るようになってる。
終わった直後にいくつもの「いいねー!」との声が聞こえてきたのが
何よりの証拠です。短い時間でも本当に楽しめた。良い現場でした。

ちょっと前までにはよく感じていた、
緊張感バリバリの、気合が入りまくりのエネルギーは
今はそこまで前に出てきていない気がします。
決して悪い意味ではありません。
やっと地に足が着いたとでも言いましょうか。
逆に滑走路をやっと飛び立って軌道に乗り始めたと言いましょうか。

これからしばらくは今の好調を維持しさらに羽ばたくために
時間を割いていくんだと思います。
そんな今の彼らの状況が、最近の現場には見える気がします。
ただガムシャラにプレイして勢いをぶつけようとしていた現場から、
1つ1つ作りこまれた世界観をもつような現場に。
やはり、まだまだ成長ってするんですね。凄い。

今年もまたアルバム出すんでしょう。
伴うツアーや各種イベント、いくつ見られるか分からないけど、
また共に歩んでいけたら、と思います。

会えたよ。ウブギターに。

March 23 [Sun], 2014, 20:52
今日Nothing's Carved In Stone現場2ヶ月ぶりで、

先ほど終了しましてん。

えとー。書いてなかった1月のツアー3本と今日のイベント分、

近いうちまとめて書いちゃおうかなー、と思っています。

やっぱりずっと彼らの現場に関してはリアルタイムUPを続けてきたから、

ここでやめたら気持ち悪いな、と思って。

1月分はもうリアルタイムではなくなっちゃったけど、

スルーするのが気持ち悪いというか、去年1本スルーしてしまったので、

ちゃんと思い出に残します。

しばしお待ちをー。

ちょっとグチありの近況を書き、少しずつ、復活します

March 01 [Sat], 2014, 17:46
お久しぶりです。

2ヶ月もあきました。こんなにあけるの何年ぶりだろうか。

NCISの短いツアーもちゃんと行ったのに、あげてません。
ずっと今まで欠かさずあげてきたのに。
できなかったのには理由があります。

それは、お仕事現場で我慢に我慢を重ね、
追い詰められて、精神に異常をきたしたからです。
ちなみに理由は、上司でなく同僚のパワハラです
元々沸点低めで非常に扱いにくい体質の、しかも女性だったんですが、
その人の扱い方は私が数年かけて習得し(笑)
一番うまく付き合ってきてたんですけど、
何がスイッチだったのかはわかりませんが
すっごい感じのパワハラ攻撃が突然始まってしまい
それがかれこれ数ヶ月間続いて・・・。

後輩はそれがずっと前から。そのうちパワハラは上司にまで。
基本的に自分が思い描くような仕事が出来ない人を見下しているので
仕事できないヤツ!と彼女が思えば相手が上司だろうが
酷い剣幕で文句や悪口を言ってました。
指摘の内容は確かに間違ってない事多いんですけど、
ぶっちゃけ今思えば、自分の事、めっちゃくちゃ棚にあげてんなー
なんてね(笑)自分の時は、「あ、ごっめーん」程度で済ませやがって、
でも自分以外が同じ事すると、もうパワハラです。
で、今までうまく付き合って来たはずの私にもとうとうキレて、
どっかーーーん

王様と奴隷みたいでした数ヶ月間毎日。
そんなんじゃ、なにもうまくいくわけないのにね。
みんなで力を合わせてやっていかなくてはならない仕事なんですよ。
色々失敗もします、そこから学んだりして進んでいきます。
指摘点は改善しようと考え努力します。
でも何も見えなかったようです。
「できる」人間だからしょうがないんですかね。
いい仕事をしよう、したい、という目的なのは同じなのに、
パワハラ状態になっては誰もついていけない。
そうやって頭に血が上っている人には、
わずかながらでもちゃんと改善しているのに何も見えないんですよ。
だから私もうやっていけない、てなってしまいました。

いまこれPCで書いてるんですが、PC触ったの、1ヶ月ぶり。
おそらくこの20年位の間で初めてかも???

NCISのツアーは行きました。
追い詰められてダメになって、
急遽1月末に会社を辞めさせてもらいました。
辞めさせてくれただけまだよかったんだけど。
だから最悪は免れることができました。
多分1歩手前だったかと。
本当にこのまま沈んで行っては危険だし、
まぁお金も勿体ないし(笑)ちゃんと東京へは行きました。
ツアーは会社を辞めた直後だったのでちょうど良かったです。
まだダメージ受けまくってから間もなかったので
あの日のこと、あんまりはっきり覚えてはないんです。
だからもう書かないかもしれません。

ただ一つ、彼らのステージを見ながら、音を聴きながら、
「あぁ、私の人生、また今日から新しく始まるんだな・・・」
そう思えた2日間でした。

で、3月になって、ちょっと動き出そうかと。
だからPCも思い切って触ってみました。
PC触るのも嫌だったんです。それに、以前から
「いつか仕事辞める日がきたら、お部屋の大大大改造をやろう!」
と思ってたから本当にやり始めて。そしたら見事に半月かかったので
それもあって触ってなかったんですけど、
久々に数時間触っていたせいだと思うのですが、
具合が悪くなってきました・・・
毎日毎日10時間ほどPCを触る生活を
ずぅ〜っと続けていたので慣れていたんでしょうが、
今本当に目肩首がやばくなってきました・・・。慣れって凄いなぁ。
今日からちょっとずつまた触りだして慣れていかなくてはっ。

皆さんの中にも、例えばブラック企業とか、パワハラセクハラなど
いろいろな問題で追い詰められそうな人がいたら、
そこまで我慢したのなら辞めた方がいいよ、と私は言います。
追い詰められて表情がなくなってきたり、
ほっといてくれ、とか言い出したらもうダメですから、
自分や周りの人にそういう感じの人がいたら即ストップを。

気をつけてくださいね。

遅くなりましたけど、ぼちぼち書いていくかとは思うので、
今年もどうぞよろしくお願いいたします。

今年もありがとう来年もよろしく

December 31 [Tue], 2013, 23:30
年末になりました。
今年もノンビリした音楽ライフを送れたような気がしますが、
みなさんはどうだったでしょうか?

さて、今年始めにふと思ったのであります。
私はだいたいどれ程CD/DVD等購入しているのだろうか、と。
という事で始めました金額計算。
購入リストを見た所、素晴らしいかな、
Nothing's Carved In Stoneで始まり、
Nothing's Carved In Stoneで終わっております!笑
では今年1年の累計金額を発表しまーす。

じゃーん
CD/DVD購入金額:45タイトル 107,945-でした!

こうしてみるとそんなに買っていないなぁ…なんて。
あくまで個人的感覚。
これを書いていてさらに思った。
ならばチケット代金はいかがなもんかと。
て事で急遽計算をします!

…20分経過…
じゃーん
全30現場、チケット代金総額(ドリンク代込):147,800-
多分何現場か足りてない気がするけど。

ピーク時から見りゃ全然なんですが(笑)
きっと普通の人から見りゃ私は普通じゃないでしょうね。
なんか福岡以外の現場へ行く時の交通費とお宿代も
来年度は計算してみようかしら、と思い始めています。

そういや昨日母とご飯食べてる時おもむろに言われました。
あなたそういえば年末に東京行かなくなったわねえ。
もうあの時程の、行きたい!という熱が落ち着いたのかしら、と。
……そういえばCDJ等パッタリ行かなくなったなぁ、と
少々考えた所思い出しました。
そうよお母さん、エルレが止まっちゃったからよ、
あれを機に私一度歩みを止めたのよ。
早いねぇ、あれからもう…
なーんてしみじみしてました。

エルレ止まっても、ちゃんとその後メンバー各々のバンドで
CDJやその他出てるので行ってもいいんだけど
私にとっては公式イベント(渋谷や幕張等)の後の非公式イベント(某所)で
エルレのみんなと言葉を交わす事が何よりも大事な事だったので、
それがなくなった以上、もうわざわざ行かなくていいなー
年末年始って交通費もめっちゃ高いし、
そもそも段々CDJも私の好きだった雰囲気から外れてきたしー
など様々理由があって行かなくなったんですねー。
おかげで今年は今日大晦日も、明日元旦も
普通に仕事出るんですけど_| ̄|◯

年内の現場話が8月までしか書けなかったですが、
年明けてなる早で2013年の残り仕上げて行こうと思います。
ちなみに新年明けて1発目の現場がまたNCISです!
なんともまぁ素晴らしい。

来年もここはぼちぼちやっていきますので、
よろしければ時々お付き合い下さいませ。
今年もお世話になりありがとうございました。
皆様、2014年も良い1年になりますように。

PIRATE SHIP2013(8/30のみ)

December 30 [Mon], 2013, 2:00
やっと8月最後、8/30に大好きなハコ、大分のBitts HALLまで
去年に続きハコの夏フェス→PARATE SHIPへ。
今年は2デイズ(オーナー坪井さん宣言?通りですね)でしたが私は1日目のみ。
メンツは出順でいくと
ダスト→SHANK→フォゲミ→アスパラ→スタベム→S.M.N→ハスキン→バンアパ→ハワイアン→ロコ
とまぁ個人的にもう文句ない感じ。

ただ、去年より格段とチケット売れてないのが現場に着いてすぐ明確に。
公演後に坪井さんもFBで目標には到達しなかったと書かれていましたけども。
なぜすぐそう思ったかって、外に物販ないなぁ、と中に入ったら
PA宅の後ろにあったからです。
去年は外に並んでた物販スペースがフロア内にあったから。
去年お客さんでパンパンだったから、PA後ろに物販スペースなんて設けられなかった。
だから、あぁそれだけ去年よりは売れてないんだなぁと思ってしまったんです。
ただそのスペースには全バンドの大きなノボリがいっぱい立っててね、
坪井さんのハンパない愛情を感じたわけです。
坪井さんがこの日の為に用意した全バンドのノボリです。
祭り!て感じで凄く良かった。何よりもバンドさんが喜んでました。

14:30スタートでまずはダスト。
とにかく貫禄のステージで、1番手にしてはもったいない!
て感じだったけど逆にそれが初っ端からフロアを激アゲにしてくれて
最高の船出を飾ってくれました!

2番目SHANK
去年プレイ中停電したよね(笑)
だから去年の停電分もやって帰る!と気合十分。
去年なんとなく来年も出れるような気がしていたという彼ら。
坪井さんが奮闘してる姿をずっと見てきたし、
俺らの事もずっと気にかけてきてくれたから出られて本当に嬉しい、と感慨深げでした。

3番目フォゲミ
チエさん相変わらず可愛くてかっこヨシ!!!
実は私チエさん大好きなんです。
美容院ではいつも、チエさんにして♪と言って髪切ってもらう程。
フォゲミって、いつかも書いた気がするけどやっぱり生が良いんですよ、
ライブが本当に良い!このフェスには出たいと思っていたみたいで
彼らの嬉しさと楽しさがストレートに伝わってきました!

4番目アスパラガス
あの日集まってたお客さん達って基本暴れ系が好きな人が大多数で、
アスパラの魅力をよく知らない人が多かったんですが、
始まって暫くしたらフロアの雰囲気ガラッと変わりました。
まぁとにかくしのっぴさんのしゃべりが面白いというのもありますが、
暴れ系の人でなくとも自然と身体が動いてしまうプレイのうまさ。
周りにいた人が口々に楽しいぃ〜とか、アスパラこんなに良いとは!
と言っていたのが嬉しかったですね〜!

5番目スタベム
初見です。でもこう言っちゃーなんだけど私は断然ビークルより良いと思った。
ヒダカさんめっちゃくちゃ弾けまくっててイイじゃん!
予想を上回るハードさでかなり気に入りました。
去年はヒダカさん、ソロで出てたんですよねー。
いまだビークルの面影を求めてる人が多いようですが、
私はやっとヒダカさんの音に心揺さぶられたような気がしました。

6番目S.M.N
この日一番笑ったつうか顔が気持ち悪い程の笑顔になったつうか。
若さでいうとSHANKとかの方が若いよねぇ?
なのに彼らの方がおもっきし若い感じがした(笑)
いやぁー結構久々に見たんだけどすっごい良くなっててね魅せ方が。
明るくて元気で無邪気なんだけどどっしりとしてて楽しませるステージング。
途中メンバーがクラウドサーフしながらPA後方の物販スペースまで移動して
自分らのノボリを取ってまたクラウドサーフで帰っていくという
物凄く面白い光景も見れました!
落とすなよ!落とすなよ!と言いながら泳いでたのは良かったですね〜(笑)

7番目ハスキン
ハスキンってファンが新旧幅広くて、こういう雰囲気っていいなー
といつも思います。
個人的には旧のファンなので(笑)古い曲やられると
やーっぱひゃあ〜!!!てなっちゃう。
ただWalkだけはやはり新旧共にひゃあ〜どころじゃなく
ぎゃあ〜!てなるよね(笑)
もうこれだけでも最高です

8番目バンアパ
ついこの前も見ましたライさんたち(笑)
でも今回はバンドだしね、大好きな川様のギターをただひたすらに
ガン見するわけです。かっけー!
このフェスが始まって結構時間たってんだけど、
この時間のバンアパ、もう盛り上がりハンパなかったです。
踊ってましたねーフロアどこ見ても。
疲れてる子達いっぱいだっただろうけど、
もうそこ通り越す時間なんですよね。
だから面白い程ぐちゃぐちゃ(笑)

9番目ハワイアン
いよいよ残すところあと2つ!というこのタイミングでのハワイアン。
これは凄いよ、だってハワイアンのファンて
結構ガンガンくるよね。だからこそ凄かった!
ラストに向けてもう体力使い切る方向でどんどん突っ込んで行ってる人多かった!
私はというと、オリジナルメンバーではなく、
サポートさんが個人的に好きなお顔で、
しかもとってもステキな笑顔だったんでずっと見惚れてたっていうね(笑)
まぁたまにはそういうのもいいじゃなーい。

10番目ロコ
この日の大ラスを任されたlocofrank登場です。
私がなぜこの1日目に行くと思ったかって、
やはり彼らが出るからです。私はロコが大好きです。
ロコは坪井さんが大好きです。坪井さんもロコをとても可愛がっています。
まだ2年目のこのフェスでいきなりトリを任せるというのも
やはり坪井さんのロコへの愛なんじゃないでしょうか。
このフェスをロコ自身も大切に思っているのがわかります。
だからとても丁寧に心込めてステージに立っていたような気がします。
最後にはまささんがフロアへ降りて歌ってくれました。
私たちと同じ目線で、同じ場所に立って、
見渡しながら歌ってくれました。
もう胸がいっぱいでしたね。一人一人に語りかけてくれるようにね。
そしてそのままフロアをぬって帰っていきました。
私の前を通って行ったんで手を出したら軽く握手してくれて。
なんか、ずっと見続けてるバンドの1つだけど、
これ程惚れ度がどんどん高くなって行くバンドは少ないです。

本編後のアンコールでは、去年に続きバンドメンバーや当然坪井さんも、
満面の笑みでダイブしてきました!!!
今年もこの笑顔が見れて良かったー。
坪井さんはダイブで腰痛になったみたいだけどね(笑)

すーごい楽しかったし、本当に元気になれるフェスで、
大切に育てていきたいフェスだなーて心底思います。
近隣の駐車場で何となく苦情があったっちゃーあったみたいだけど、
でも大きな怪我人は出ず、今年もPIRATE SHIPは無事に出航したようです。
来年もまた最高に楽しいPIRATE SHIPに乗船できる事を願っています。

さて、これでやっと8月が終わったぞ。
2013年の現場は実はあと9本だっけな?あるんですけど。
年内はもう無理なのでまたぼちぼち書いていきます。

8月が2つ残っているんだ〜

December 29 [Sun], 2013, 1:35
8/22 rawer than raw Tour

今年はなんだかやったらバンアパメンバーの現場に行ったなぁ(笑)
て事で、5月に続きまたバンアパのライさんとグレさん出たアコースティックライブへ行った思い出話。
このイベントはFBYのアルバム発売記念プレリリパも兼ねていたので
当然FBYの田上さんが出るのですがそれ以外にも
私の愛してやまないCBMDのTKさんやアスパラしのっぴさんまで出るという
とてつもなく内容の濃いイベントでした!

場所がまたイタリア調の高級感溢れるホテルのバーラウンジで。
多分これのちょっと前に、ケイシさんがライブやって、
感触が良かったんではなかろうか。
だからこの日もここでと思ったのかなーなんて。

最初はTKさんで。
彼の声が好きだから、とても幸せで心地よかったです。
私みたいにCBMDを愛してやまないファンの方がちらほらいて、
みんな良い笑顔で一緒に歌っていたから本当に幸せな気分になりました。

田上さんはもうアゲアゲなパーリー感満載で盛り上がってて、
前方のお客さんとこに紛れて歌ったりとにかく楽しそう。
しのっぴさんはあのしゃべりでわかせては、バキバキに繊細なギターをかき鳴らしてアスパラの名曲を次々熱唱!
アスパラファンすっごく多くて、ビックリする程盛り上がってた。
ライさんグレさんも楽しそうにプレイしてましたねー。

私はTKさんの時だけ少し前で聞いてあとは
最後尾の壁沿いにたまたま空いてた立派なソファに友達と2人で座ってたんだけど、
前方が盛り上がりまくってたしのっぴさんの時はたまらなくなって
しまいにゃソファの上に靴ぬいで立って跳ねて見ました(笑)
あと最後には全員でのセッションでチャゲアスさんの名曲とかやり出して(笑)
これはこのイベントでの恒例みたいですけど、やたら観客含め全員の一体感が出て面白過ぎました。
遊び心満載のこのイベント、とても良い気分転換になりました!
いつかどこかで彼らのアコースティックイベントあったら、
行ってみるといいですよ、楽しくてオススメです!
今後もこんなイベントやるかは知らんけど(笑)

さて、8月現場はまだあと1本あるのですが年内に書くのでしょうか(笑)
年内言うてもあと2日しかないですけど^^;
クラウドソーシング「ランサーズ」
最新コメント
アイコン画像いずみ
» 書くの忘れてた!FXの事 (2015年04月20日)
アイコン画像もえ
» 書くの忘れてた!FXの事 (2015年04月19日)
アイコン画像いずみ
» 6月の事を語るんだ〜 (2013年12月02日)
アイコン画像猿ちさ
» 6月の事を語るんだ〜 (2013年12月02日)
アイコン画像いずみ
» 5月の事を必死に思い出す件 (2013年11月19日)
アイコン画像猿ちさ
» 5月の事を必死に思い出す件 (2013年11月18日)
アイコン画像いずみ
» 4月までさかのぼってみる件 (2013年10月11日)
アイコン画像玲子
» 4月までさかのぼってみる件 (2013年10月11日)
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いずみ
  • アイコン画像 誕生日:5月21日
  • アイコン画像 現住所:福岡県
  • アイコン画像 趣味:
    ・音楽-エモ・メロコア・UK・オルタナ等専門。ELLEGARDENは長い付合いで身内的ノリだが一番大事なバンド。本八幡時代からの為もはや化石のオールドファンw・JIMMY EAT WORLDとThe Get Up Kidsは神的バンド。
    ・スポーツ鑑賞-特に野球(地元ホークス)とサッカー(地元アビスパとフロンターレ)は好きです。その他も色々。
    ・TV全般-お笑いさんが結構好きです。
読者になる
月別