プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:izqbioqwvzlxjz
読者になる
2010年08月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
Yapme!一覧
読者になる
エコカーなど環境関連が拡大 10年度大企業設備投資 3年ぶり増加 / 2010年08月05日(木)
 日本政策投資銀行は3日、設備投資計画調査をまとめた。2010年度の大企業の設備投資計画は、エコカーや太陽電池など環境関連製品分野で投資が拡大し、金融危機以来3年ぶりに増加した。ただ、回復幅は全産業で前年比6.8%増にとどまり、11年度も回復基調をたどるかどうかは不透明だ。

 大企業の10年度の国内設備投資計画は、製造業で前年比8.9%増、非製造業で同5.5%増だった。製造業は、新興国需要などの外需の増加や政策効果もあった内需の回復を背景に、環境関連製品への投資が拡大した。

 電気機械では、太陽電池・二次電池関連や半導体、LED(発光ダイオード)、自動車は、エコカー関連や生産態勢再構築のための投資が増えた。

 非製造業は、サービスを安定供給するためのインフラ投資が下支えした。電力は、電源開発や送配電設備の維持更新など、通信・情報は携帯電話の基地局増強やクラウド対応のデータセンターなどが増えた。

 しかし、前年度実績は、全産業16.7%減、製造業で30.8%減で、1956年の調査開始以来最大の減少幅を記録しており、10年度は、減少分を取り返すまでには回復していない。来年度の計画も、製造業4.5%減、非製造業3.0%減、全産業3.3%減と減少に転じた。

 日本政策投資銀行は「次年度計画は毎年、マイナスの数字が出る傾向があり、景気の調整局面が長引かなければ、回復する余地はある」としている。

 調査は、資本金10億円以上の民間法人企業(農業、林業、金融業などのぞく)を対象に、アンケートで行った。回答時期は主として6月で、3365社の対象企業のうち2270社が回答した(有効回答率67.5%)。 8月4日8時16分配信 フジサンケイ ビジネスアイ
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100803-00000026-fsi-bus_all
 
   
Posted at 04:54/ この記事のURL
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
 
 
Powered by yaplog!