Sullivanが光田

February 18 [Thu], 2016, 15:57
実際に探偵に頼むことで浮気の証拠を掴む事が可能です。浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。けれども、浮気の証拠を自分だけで収集しようと思っても、配偶者に発見されてしまう可能性は低くないでしょう。なぜでしょう。答えは簡単で、相手があなたの顔を知っているからです。
日常生活の中で、相手の行動を気をつけてみておくことは自分ひとりでも可能ですが、ごまかしきれないような浮気の証拠を入手するためには、経験豊富なプロである探偵にお願いした方が失敗がありません。それに、探偵にお願いすれば、単に、浮気の証拠を入手するだけではなく、状況に応じたアドバイスももらうことができるのです。
あなたが浮気の調査をしなくてはならない時がきたら、調査員は何人で依頼すれば良いのかというと、調査内容により、さまざまではありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。しかし、まだ浮気が確定でない場合には、浮気をしているかの確認を調査員1人で大体の場合は行います。浮気をしていることがはっきりとしたら、再度考えて調査員の数などの詳細を決めていきます。
浮気調査に必要な期間は、普通は1週間以内には終わります。覚えておいていただきたいのは、これはあくまでも一般的なケースです。調査の対象者がとても用心深かったりすると、1週間から1か月くらいまで期間が延びてしまうことがあるのです。それとは逆に、この日は浮気しそうだという日が特定済みの場合は、1日で十分な証拠が集まることもあります。
自分で浮気調査はすべきではありません。その理由は逆上してしまうかも知れません。どんな人でも、最愛の人の密会現場に遭遇してしまうと怒鳴り込んでしまい、調査を台無しにしてしまう例が発生することも多いのです。平穏に解決するためにも、本来の目的を達成するためにも、浮気調査は探偵に任せるのがオススメです。
浮気調査でなにより大事なのは、本当に相手が浮気しているかの調査です。不倫行為が確実ではない場合は次の段階に進むことが出来ないので、調査を続行するか否かを改めます。調査により浮気が確定した場合に、浮気相手が誰か? を調査する段階となります。尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、あるいは張り込んだり等、浮気相手の素性を確かめるのです。
配偶者が不倫をした場合、あなたの配偶者と交際相手に慰謝料を請求することができます。ところが、あなたの配偶者が不貞を犯す以前から、同じ屋根の下で生活してはいるもののほとんど会話がない場合や、夫婦の関係が冷め切っていたときは、配偶者とその不倫相手にに慰謝料を求める事が出来ません。慰謝料は、あなたがどういった苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなどいろいろな事を鑑みて裁判所が決定します。
不倫した場合の慰謝料の相場は200万円前後ですが、50万円程度になる場合もありますし、400万円くらいまで跳ね上がっている場合もあります。離婚をしない場合でも慰謝料を請求できますが、額は少なくなります。さらに、不倫相手が不倫の事実はなかったと主張する場合には根拠が必要です。第三者からみても明白な不倫の証拠が不可欠です。
法律の中では、婚姻関係にある人が配偶者以外の異性と故意に肉体関係を持つことを不倫とよびます。つまり、法律的にいうと、肉体関係を持っていなれば、食事や遊びに行ったとしても、不倫じゃないということです。個人で男女の関係を実証することは難しいかもしれませんが、探偵や興信所の力を借りるということも考えてみてもいいかもしれません。
不倫問題を相談したいと思うなら弁護士に相談するのがオススメです。離婚する方向に考えるのか、不倫相手から慰謝料を取る方向に考えるのかを考えてから相談しましょう。また、不倫の証拠を掴みたいときには、探偵や興信所に相談しましょう。女性の場合、近所に住む奥さんや友人に相談してしまう人も多くいるのですが、噂されたくない場合には、相談しないようにしましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ハルカ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/izo64a491ceerd/index1_0.rdf