目の病気の可能性もある飛蚊症の症状とは

October 10 [Fri], 2014, 10:45
飛蚊症の症状は、目の前を小さな浮遊物が飛んでいるように見えることです。浮遊物の形状は糸状や小さな粒、丸い輪など様々です。視野を変えたり、目をこすったりしても改善されないのが特徴です。特に、明るい場所では浮遊物がよりはっきりと見え、不快に感じる人も少なくありません。これらの症状は人間の眼球の大部分を占めている硝子体がストレスや加齢などが原因で劣化することで起こります。つまり、硝子体の中にある繊維組織が破壊され、繊維組織を含む水が硝子体に浮いた状態となり、それが網膜で映ることで起こります。飛蚊症には、 生理的なものや、加齢によるもの、また、目の病気が原因のものなどがあります。自覚症状があり、専門医を受診しても生理的なものと言われてしまうことは少なくありません。生理的なものや加齢によるものは現在治療法が確立されておらず、治療することはできません。しかし、活性酸素を増やさないように紫外線対策をしたり、必要な栄養素を積極的に摂取するなどの対策をすることが大切です。fx初めて資金
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ゆうizec4c2w
読者になる
2014年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/izec4c2w/index1_0.rdf