外科学

September 18 [Wed], 2013, 13:16
思春期ではないのに出来る難治性の“大人ニキビ”の患者がじわじわと増加している。もう10年間もこうした大人ニキビに苦しまされている女性が皮膚科の門をたたいている。
身体中のリンパ管と並行して移動している血液の巡りが鈍くなると、栄養や酸素(O2)が届きにくくなり、結果として脂肪を多く定着させる原因になるのです。
そういう状況でほとんどの医師がまず使用するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体である。外用抗菌薬と一緒に使えば6ヶ月くらいで完治に至るケースが多いと考えられている。
身体中にあるリンパ管に沿うように走る血液の動きが悪くなると、いろんな栄養や酸素がうまく配られず、最終的には脂肪を増やす誘因になるのです。
ホワイトニング化粧品であることをオフィシャルにアピールするには、薬事法を取り仕切っている厚生労働省の許可が下りた美白に効果のある成分(よく使用されるのはアルブチン、こうじ酸の2種類)を使う必要があるそうだ。
目の下にたるみが現れた場合、すべての人が実際の歳よりも年上に映ることでしょう。顔の弛みは数あれど下まぶたは目立つ場所です。
あなたは、果たして自分の内臓は元気だと言い切れる自信があるでしょうか?“痩せない”“すぐに肌が荒れる”といった美容トラブルにも、実を言うと内臓が健康かどうかが関係しているのです!
加齢印象を与える最も重要な元凶のひとつが、歯に蓄積したくすみです。歯の表側には、目には見えないくらい小さな凹凸があり、普段の生活の中でワインなどによる着色やタバコの脂などの汚れが溜まりやすくなります。
フェイスラインのたるみは不必要な老廃物や余分な脂肪が蓄積することでどんどん促されます。リンパが鈍化すると色々な老廃物が蓄積し、浮腫みやすくなり、余分な脂肪が付きやすくなり、たるみへと繋がります。
左右の口角がへの字型に下がっていると、顔の弛みは格段に進んでいきます。にこやかに口角を上げて笑顔でいるように心がければ、弛み防止にもなるし、何より見た感じが良いですよね。
美容外科(plastic surgery)とは、とどのつまり外科学の中のジャンルであり、医療を目標とした形成外科(plastic and reconstructive surgery)とは別種のものだ。また、整形外科と間違われることがよくあるが全然分野の違うものだ。
ホワイトニングとは、黒色色素の沈着が少ない、より一層白い肌を重視するビューティーの価値観、またはそんな状態の肌そのものを言う。主に顔面の皮膚について用いられることが多い。
加齢印象を強くしてしまう主だった原因のひとつが、歯にこびりついた”蓄積クスミ”です。一見ツルツルしている歯の外側には、目には見えない凹凸があり、毎日の暮らしの中で茶色い着色やタバコの脂などの汚れが固着していきます。
化粧の利点:新しい製品が出た時の楽しみ。化粧前の素顔とのギャップが愉快。様々なコスメにお金をかけることでストレスを解消される。メイクそのものの好奇心。
頭皮は顔の肌とつながっていて、額も頭皮と均一と考えることはあまり知られていません。年齢を重ねるにつれて頭皮が弛み始めると、フェイスラインのたるみの誘因となります。CHAOS;HEAD

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iytrdspajg
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iytrdspajg/index1_0.rdf