心の状態

September 30 [Mon], 2013, 14:07
押すと戻る肌の弾力感。これを操っているのは、コスメでおなじみのコラーゲン、すなわちたんぱく質です。バネの役割を担うコラーゲンが十分に皮ふを持ち上げていれば、肌は弛みとは無関係です。
ドライ肌の原因である角質細胞間脂質と皮脂の量の衰退は、アトピーのように先天的な要素によるものと、逃れようのない老化や基礎化粧品などによる後天性の要素によるものの2種類に大別できます。
お肌の若々しさを作り出すターンオーバー、要するに皮ふを生まれ変わらせることができる時間帯というのは意外な事に決まっていて、それは夜間睡眠を取っている間だけだそうです。
化粧の短所:皮膚への影響。毎朝化粧するのがうっとうしい。化粧品を買う費用が結構かかる。メイクで肌が荒れる。お直しや化粧をする時間の無駄遣いをしていると感じる。
この国では、肌色が透き通るように明るく黄ぐすみや目立つシミの出ていない状態を好ましく受け止める習慣がかなり古くから浸透していて、「色の白いは七難隠す」という諺もあるほどだ。
目の下に大きなたるみが出ると、男性でも女性でも実年齢よりだいぶ年上に写ってしまいます。たるみは色々ありますが、その中でも下まぶたは一番目につきます。
トレチノイン酸(オールトランスレチノイン酸)療法は、色素の強いシミをわずか数週間で淡色に和らげるのにかなり優れた治療法で、原因不明の老人性色素斑(老人性しみ)・光治療の効かない炎症後色素沈着(PIH)・30〜40代の女性に多い肝斑(かんぱん)・ニキビ跡などによく効きます。
日本の医療全般がQOL(quality of life)を重視する流れにあり、市場経済の発達と医療市場の大幅な拡充により、容貌を自分好みに変化させられる美容外科(Plastic Surgery)は数年前から一気に注目されはじめた医療分野だと考えられている。
リハビリメイクという新しい言葉には、肉体的に損傷をこうむった人のリハビリテーションと同じく、顔や体の外見にダメージをこうむった人が社会復帰するために備える能力という意味があるのです。
美容外科というのは、正しくは外科学の中の一つであり、医療を目標とした形成外科(plastic surgery)とは違うものである。加えて、整形外科学と混同されやすいのだがこれも分野の異なるものだ。
「アトピー」とは「特定されていない場所」という意味のアトポスと言うギリシャ語から派生し、「何かしらの遺伝的な原因を保有した人に発病する即時型のアレルギー反応に基づく病気」に対し名付けられたと言われている。
よく目立つ目の下の弛みの解消法で効果が分かりやすいのは、顔面のストレッチ体操です。顔にある表情筋は気付かない間に固まっていたり、その時の心の状態に関わっていることがままあるのです。
アトピーというのは「場所が限定されていない」という意味を持つ「アトポス」というギリシャ語から来ており、「何かしらの遺伝的な因子を保有している人のみに見られる即時型アレルギーを主とする病気」のことを指して名付けられた。
爪の作られ方は樹木の年輪のように刻まれるという存在である為にその時に健康面で問題がなかったかどうかが爪に反映されやすく、毛髪と共通するようにすぐに視認できて分かりやすいため健康のバロメーターとも言われているらしい。
ダイエットに効果的ということで名を馳せたデトックスとは、人間の体内に澱のように蓄積されたあらゆる毒を排除するという健康法の一種で美容術というよりも代替医療に分けられている。「取り除く」という意味を持つ「detoxification」を短く切った「detox」から来ている。
らっきょのスキンケア
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iytrdpsajgi
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iytrdpsajgi/index1_0.rdf