背骨の間にあってクッションと同様の役目を担っている椎間板

November 06 [Thu], 2014, 0:39

UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという特性があるため大気中に存在するオゾン層で一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-B波は皮膚の表皮の内部で細胞のDNA(Deoxyribo Nucleic Acid、遺伝情報)を損壊するなど、肌に悪影響をもたらすのだ。。

細菌の感染によって起こる急性中耳炎(きゅうせいちゅうじえん)は、最も症例の多い中耳炎で小さな子どもによく発症する病気です。耳の痛みや熱、ひどい鼓膜の腫れ、耳漏(耳だれ)などの色々な症状が出ます。

UV-B波は、UV-A波よりも波長が短いという特性があるためオゾン層を通る際に一部分が吸収されるものの、地上まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞の遺伝情報を壊したりして、皮ふに悪影響をもたらすと言われている様だ。。

ばい菌やウィルスなどの病気を連れてくる微生物、即ち病原体が口から肺の中に進入し発病してしまい、片方もしくは左右両方の肺が炎症反応を示した境遇を「肺炎」と称しているのだ。。

腰などが痛むヘルニアは正しくは椎間板ヘルニア(ついかんばんヘルニア)といい、背骨の間にあってクッションと同様の役目を担っている椎間板(ついかんばん)という名称の円形の線維軟骨が突き出た症例の事を称している様だ。。

女性にとって非常に怖い悪性腫瘍の一種であるといわれている卵巣がんは、普通、身体をがんにさせない役割を持つ物質を生み出すための型である遺伝子の異常が引き金となり発生してしまう病気だと考えられている様だ。。

ストレスが溜まるメカニズムや、便利で有効な抗ストレス法など、ストレス関連の適切な知識を学んでいる方は、さほど多くはありません。

脳ミソ内の5-HT(セロトニン)神経は、自律神経をメンテナンスしたり痛みを抑制し、色々な覚醒現象などを支配しており、単極性気分障害(大うつ病)の患者様では働きが低下している事が科学的に証明されている。

ヘルニアは正しくは「椎間板ヘルニア」と呼ばれ、背骨の間でクッション的な働きをしている椎間板(ツイカンバン)という柔らかい線維軟骨がはみ出た症状を指しているのだ。。

学校や幼稚園などの大規模な集団行動の中、花粉症が原因で友達と集まって思いきり身体を動かせないのは、患者様である子どもにとっても残念な事です。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/iyltukyjg/index1_0.rdf