高揚感

October 02 [Wed], 2013, 18:07
ついつい時間を忘れてパソコンやスマホの画面に集中してしまって、眉間にはしわ、その上への字口(このスタイルを私は別名「富士山口」と呼ぶこともあります)をしているのでは?これはお肌にとって最悪です。
よく美容の雑誌や本には、小顔になる、肌が美しくなる、ダイエットにも良いし、デトックス作用が期待できる、免疫力の増進など、リンパを流してしまえばあれもこれも大成功!という明るい謳い文句が並んでいる。
現代社会を生きていく身では、身体の内側には人体に悪い影響をもたらす化学物質が取り込まれ、又私たちの体内でも老化を促すフリーラジカルなどが次々と生成されていると報じられている。
辛い掻痒などが出るアトピー性皮膚炎の要因として、1.腸内や表皮、肺、口腔内等の細菌叢(フローラ=Flora)、2.遺伝的な要素、3.栄養、4.環境面での問題、5.この他の意見を列挙できる。
さらに日々の暮らしのストレスで、心の中にまでも毒物は山のように蓄積していき、同時に体の不具合も起こす。「心も体も毒だらけ」というような意識こそが、人々をデトックスに駆り立てているのだ。
日頃から習慣的に爪の調子に気を付ければ、微々たるネイルの異変や体の変遷に気を配って、より自分にふさわしいネイルケアを見つけることが可能だ。
そういう状況で多くの医師が処方するのが、美白効果で有名なビタミンC誘導体だ。外用抗菌薬と一緒に使えば約半年で快癒に持ってこれた患者が多いと考えられている。
形成外科とは違い美容外科が損壊などのない健康体に外科的処置を付加するという美容のための行為であるのに、結局は安全性の確立が足りなかったことが一つの大きな元凶だと考えられているのだ。
スキンケア化粧品によるエイジング対策「老け顔」にさよなら!お肌の性質をちゃんと見極めて自分にピッタリの基礎化粧品を選び、丁寧に肌ケアすることで「老け顔」から脱却しましょう。
肌のハリの源であるコラーゲンは、一年中降り注ぐ紫外線を浴びてしまったり乱暴なマッサージなどによる刺激を繰り返し受けたり、日常生活のストレスが少しずつ積み重なったりすることで、組織を壊され、行く行くは生成されにくくなってしまうので注意しなければなりません。
日本皮膚科学会の判定指標は、@激しい掻痒感、A特殊な発疹とその点在ポイント、B慢性で反復する経過、3項目すべてチェックが入る疾患を「アトピー性皮ふ炎」と診断する。
化粧の欠点:皮膚への刺激。毎日の化粧がうっとうしい。化粧品を買うお金がやたらめったらかさむ。物理的刺激で肌が荒れる。お直ししたりメイクをするので時間が勿体ない。
化粧の良いところ:自分の顔立ちをちょっと好きになれること。顔に無数に点在するニキビ・黄ぐすみ・毛穴の開き・ソバカス・傷跡等が隠れる。ちょっとずつ美しくなっていく高揚感。
アトピー性皮膚炎とは、アレルギーに似た反応とつながっているものの内、特に皮ふの症状(かゆみなど)が表出するもので要は皮ふ過敏症のひとつである。
デトックスという言葉そのものは浸透しているが、間違いなくこれは「代替医療」や「健康法」に過ぎないのであり、医師が施す「治療行為」とは違うということを認知している人は思いの外多くないらしい。
ケイトのBLOG
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iyitdpsajig
読者になる
2013年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iyitdpsajig/index1_0.rdf