睡眠障害とアスペルガーって関係ある?

April 04 [Mon], 2016, 18:42
アスペルガーの人は睡眠障害(睡眠障害国際分類では、睡眠畭常、睡眠時随伴症、内科・精神科的睡眠障害、その他の四つに分類されています)に悩まされていることが多いため、この2つは関連していると思って下さい。

では、何故アスペルガーだと睡眠障害になりやすいのでしょうか?

それは普通の人よりもストレス(元々は物理学用語で、カナダのハンス・セリエ博士の論文により、医学用語としても使われるようになったそうです)を受けがちなからです。

アスペルガーの人は空気を読んだり、人の感情(自分である程度コントロールできるようになると、人間関係が楽になるでしょう)を察するのが苦手です。

また、普通の方ならすぐにできることも時間がかかってしまいます。

こうしたことがきっかけで、馬鹿にされたり、イジメにあったり、孤立するケースが多いでしょう。

すると当然大きなストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)を抱える事となります。

そして、このストレス(人間関係が主な原因になることが多いですね)が睡眠障害(眠れないだけでなく、夜中に目が覚める、眠りが浅くて昼間眠いなど、様々な症状があります)を引き起こします。

普通の人もストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が要因で睡眠障害(睡眠障害国際分類では、睡眠畭常、睡眠時随伴症、内科・精神科的睡眠障害、その他の四つに分類されています)なのですが、アスペルガーの人はストレス(うつ病やPTSDの原因にもなります)が溜まり易いので普通の人よりもなりがちなです。

そのまま睡眠障害(眠れないだけでなく、過眠も睡眠障害の症状の一つです)を放置すると治りづらくなり、長期化する可能性もあります。

長期化を防ぐ為にも寝つきが悪い、夜中に繭りかえし目が覚めるといった場合は早いうちに病院に行ってて下さい
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:瑛太
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iyefngerre0o2v/index1_0.rdf