宅建を合格する方法と対策 

July 15 [Thu], 2010, 18:49
不況の世の中ですが、資格を取得する方が増えています。
少しでも就職するときにや転職を考えたときに有利だという理由からでは無いでしょうか

そんな、資格取得の中で人気なのが「宅建」です。

宅建という言葉ですが、今ではおそらく試験そのものを指す言葉になっていると思います。
正式に言うと「宅地建物取引主任者資格試験」となります。

この宅建の合格を目指して多くの人が勉強しています。


宅地建物取引業法によりますと、土地や建物など不動産の取引・仲介などを仕事として行う宅地建物取引業を営むために必要なことは、各事業所ごとに最低1人、5人に1人以上の割合で宅地建物取引主任者の資格を有した人を置かなければならないと定められています。
 

宅建試験とは、上記の宅地建物取引主任者になるための試験のことです。

しかし、試験に合格したとしてもすぐに宅地建物取引主任者になれるかというとそうではありません。

その後、一定の講習等を経て、受験地の都道府県知事の取引主任者資格登録を受けて、取引主任者証の交付を受けなければ、宅地建物取引主任者としての業務を行うことができないようです。

 
ですが、試験の合格の事実は一生有効のものですので、試験の後、一定期間の間に登録をしなければならない、等といったことはありませんし、また、登録を強制されるようなこともありません。



宅建の合格を目指すなら、こちらのサイトも参照してみてください。

⇒ 詳細はこちら

役立つ情報が公開されています。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/iyaoo/index1_0.rdf
月別アーカイブ