« ウィルコム 「HYBRID W-ZERO3」用の3G・PHS切替ツールを公開 | Main | F1バーレーンGP決勝、可夢偉は決意新たに積極コメント »
すでに認知された「フリーペーパー」、今回は「求人系」がトップ / 2010年03月27日(土)
2002年に登場し、現在では認知度、活用度もアップした「フリーペーパー」だが、昨年9月、ちょうど半年前に行った調査から何か変化はあっただろうか。

【画像が掲載された記事】

インターネットコムとアイブリッジ リサーチプラスが行った「フリーペーパー」に関する調査によると、全体の8割が、「フリーペーパー」を手にしたことがあることがわかった。

調査対象は、全国20代から60代の男女300人。男女比は男性57.0%、女性43.0%。年齢別比は、20代9.0%、30代31.0%、40代32.7%、50代23.0%、60代4.3%。

「フリーペーパー」を「(よく/なんとなく)知っている」ユーザーは全体300人のうちの94.0%(282人)で、半年前の調査から2ポイントアップしているが、これらの282人のうち、「フリーペーパー」を手にしたことがある、と回答したのは、85.5%(241人)。

この「241人」は、全体300人に対しては80.3%を占める。

また、「241人」という数字は前回と同じであることから、認知度はアップしたが、実際に手にしたユーザー数には変化はない。

また、これらの241人が手にしたことのある「フリーペーパー」のトップは「飲食系」(197人)、2位は「タウン情報系」(180人)、3位は「求人系」(148人)だった。

世相を反映してか、「飲食系」が減り(前回は207人)、「求人系」(同116人)増加している。

また、手にした「フリーペーパー」を読んだユーザー数も前回とほぼ同数の233人(前回232人)で、そのうちの69.5%(162人、前回70.7%)が、そこで得た「情報を活用した」と回答した。

以上から、「フリーペーパー」は広く認知され、広告媒体として定着した、と言えるだろう。今後の課題はコンテンツ、すなわちユーザーがどういう情報を必要としているかを、いかにすばやくキャッチするかにかかっているかもしれない。(調査協力:アイブリッジ株式会社 リサーチプラス)

【関連キーワード】
登場 | 「フリーペーパー」の情報活用率は7割以上 | フリーペーパー読者はケチじゃない―― M1・F1総研調べ
【3月15日17時1分配信 japan.internet.com
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100315-00000028-inet-inet

Posted at 02:38/ この記事のURL
この記事のURL
http://yaplog.jp/ixbeiglgbmzhji/archive/379
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
   
Powered by yaplog!