July 20 [Fri], 2012, 18:18
級ユりに行ってきた。
40万人の一人になってきたが隣接市の人口と同じ人が集まるとかなりの人だった。
京都駅へは最寄の駅からバスで70分で定期路線なので予約もなく850円で乗り換えなしなのでかなり楽だった。
バスは阪錐qャや近畿道を利用しないで第二京阪に直接乗るので個人で行くにもおすすめのルートちなみにバスは一時間に1台だった。
京都駅に到着すると、あの有名なくまもんが出迎えてくれた。
大雨の九州の事を考えるとくまもんが少しかわいそうに見えた。
くまもんと別れ四条烏丸までタクシーで行き床でビールを飲みたかったので鴨川方面へ歩いてお座敷小唄にも出てきた先斗町で蕎麦屋に入りてんぷらをつまみにビールを飲んだが鴨川は見た事もないような濁流で怖いくらいだった。
前の日の大雨の影響で水かさが増していて進入禁止になっていた。
それから八坂錘ミを見にいって伝統芸能の詩吟を鑑賞したが別にエロくなかった。
それどころか日本語なのに半分の意味もわからないくらいだった。
日本語の意味がわからないと言えば都市伝説で八坂錘ミの八坂は旧ヘブライ語でヤーサカで級vはシオン修道会のシオンがなまった、お雛と同じものがイスラエルにもあり、掛け声のエッサは旧ヘブライ語の運ぶの意味とか祭りの日が同じやら、山伏の格好はユヤ教と同じで天狗はユヤ教の外国人だったとか言われているが本当なのかな仏教だけど級ク舎ってのもあるし八坂は八つの坂じゃないのかな。
あんな大きな祭りを行うくらい外国人が移住してきたらいくらなんでも誰か気が付くだろう。
わからない日本語なら運動会のフレーフレーもわからないしラ行変活のはべりははべらせる英語のナビゲーションとか、かろうじてわかるがいまそかりってなんなんだ八坂錘ミのメイン賽銭箱の上には獏が両端に2匹いて白虎青龍玄武を挟み込んでいるのに朱雀が見当たらなかった。
お雛には朱雀がついているが社にはなかった。
どこいった河童やかえるが多いのはたぶん火事除けのまじないだろう。
おみくじが売っていて、くじを引いてから受付で番号を言うとそのくじをくれるシステムだったので、くじを引かずに受付で番号だけ言ってみたら末吉だったので掲示板に貼って帰ってきた。
ちなみにお守りと一緒に売っているちまきは食べられないと教えてもらった。
そんな事を考えながら錘ミを出て鉾を見ようと思ったら錘ミ前でハッピを着た人達が椅子を用意しいたのでここに鉾が並ぶのかと思って聞いてみたら、鉾は南の祭りで鴨川を渡らないと見れないけど、ここは7時から歩行者天国のビアガーデンになるんだ。
ほんものの舞子さんもくるんだ。
と教えてくれた。
四条通りに鉾が並ぶらしいので大通りを避けて四条通りに出ようと思ったので周り道をしようとしたが、大阪は筋が南北で通りが東西なのでいっしょかと思ったら京都は南北も東西も通りだった。
おかげでえらく周り過ぎてしまった。
なんとか四条通りにもどったら運がいいことに一番有名な薙刀鉾の前に出る事ができた。
装飾はペルシャ絨毯のようでやっぱり海外からきたのかなと思った。
そのまま人波に押されてなんとか車が走っている通りにでてタクシーで京都駅に戻ると200m先でバスが出発しようとしている。
かれこれ56kmは歩き続け最後にッシュをするはめになったなんとか間に合い無事帰宅をしたが級ユりに行く時は暑さと人混みと歩き続ける事を覚悟しておかなければ追伸京都の他の謎や日本語の意味がわかる人がいれば教えてください。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iwz0agmgk8
読者になる
2012年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新記事
アイコン画像
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iwz0agmgk8/index1_0.rdf