東京ディズニーリゾート関連ニュースサイト「舞浜狂」秘密の別館。

2005年06月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iwmr
読者になる
Yapme!一覧
読者になる









赤坂「くまくら」 / 2005年06月10日(金)
DITSの中の人が寿司写真をupしていたのを見て、
「今日は寿司を食べる日です」として大アピールしていたら寿司を食べに行くことに。
赤坂の「くまくら」というお店に連れて行ってもらった。

おまかせでいろいろ握って頂いたのだけど、どれも美味い。
トロもヒラメも。
カツオが美味しいのにビックリしたなあ。至福。
いやー、お寿司はいい。ご馳走様でした。
赤坂価格なのだけど、これを余裕で頂けるようになりたい。

ドナルドのスクリーンデビューの日を勝手にお祝いしました。

今度はお料理も挑戦してみたい。
 
   
Posted at 06:44 / 食べ物 / この記事のURL
MSN Earth / 2005年05月26日(木)
Google Map の衝撃も覚めやらないうちに、
続々と大手が衛星写真サービスに参入してる。
このクオリティがサービスでも提供されるかはわかりませんが、
MSNのMSN Earthは解像度がヤバイ。
そして斜め45度からの視点があるの強烈。

http://battellemedia.com/archives/001559.php

http://channel9.msdn.com/ShowPost.aspx?PostID=71140
 
   
Posted at 03:13 / ウェブ / この記事のURL
チーズスイートホーム / 2005年05月05日(木)

いやし系というのか、 動物マンガ、ほのぼのマンガ、ファミリーコミック誌の良さが私は未だわからない。 「チーズスイートホーム」もそれらと同じかと最初は思っていた。でも違った。

モーニングで飛ばすつもりがついつい読んでしまうなー、と思っていたら いつの間にか「読むリスト」に入っていた。犬派なのに。

なんでかなと思ってたんだけど、その違いは「オチ」なんだと思う。 ファミリーコミック誌はオチ切っていないような落差の少なさが安心感なのだろうと思うけど、 その良さはわからない。 「チーズスイートホーム」はオチている。王道。いいもん読んだなあという満足感。 笑いではなくて「チー(猫)がカワイイ」というオチ、これが自分のなかでの大きな魅力になっている。犬派なのに。

チーズスイートホーム

発見
オチは「笑い」に限らない


 
   
Posted at 23:49 / 買物 / この記事のURL
闇金ウシジマくん / 2005年04月27日(水)

高校の教科書、とまではいかないけど、推薦図書にしてもいいんじゃないかと。

スピリッツで読んだときには、数日間凹みました。 描写はさほどグロいわけではないのだけど、話が怖い。

最たる例なのか、普通なのかわからないが、 闇金で貸す人、借りる人たちを描きます。 消費者金融(サラ金)→闇金という流れは 現実、すぐ近くにあって足を踏み外す可能性があるわけです。 サラ金のCMがバンバン流れて、駅前の一等地にジャンジャンあって、 電車には債務整理の弁護士が広告を出してる。

このマンガを読んでいることで踏みとどまれたり、 目が覚める人はいるんじゃないか。 でもきっとPTAな人は毛嫌いするであろうもの。 現実は見たくない、怖い悲しい話は聞きたくない。 そういった自分可愛さがどんどん子供に悪影響を及ぼすんだろうな。

キレイごとに見せかけた逃げる人の中で育った、 現実の不条理を「本当にで知らない」人が増えているじゃないかと思う。 オススメ。



 
   
Posted at 19:54 / 買物 / この記事のURL
真夜中の弥次さん喜多さん / 2005年04月21日(木)
ヤジキタである。
友人に観ろ!と連れられて前知識0で観たのだけど驚いた。
ちなみに友人二人は二回目。

平日、最終回、新宿。なのに若女子比率が異様に高い。
劇団な方、ジャニな方、お笑いな方、腐女子な方、の比率高いんだろう。
出待ちのような期待感の浮く空気。笑い声が黄色い。
公式の掲示板を見るとその空気はビリビリ伝わってくる。


生と死とか、愛とか、まあその辺りのテーマはいいとして、
感銘を受けたのはハイレベルなブレンド比率。
「ベタ」と「シュール」と「楽屋オチ」と…、
いろんな種類の笑いがいい感じに連続してるのに感銘。

ベタで笑った後にいきなりシュールなネタが来たり、
勢いだけで攻めすぎたり、コロコロのような下ネタだったり、
毎度の振れ幅が大きい。ここはツッコんでいいんですよ!という安心感。
危ういバランスにあるんだけど上手く完成してた。
狙っても必ずできるものではないので素直に凄いなー、と。

板尾さんにぐっさんにおぎやはぎに楳図かずお、
豪華悪ノリ脇役も見る敷居を下げてくれて良。

真夜中の弥次さん喜多さん
 
   
Posted at 11:42 / 映画 / この記事のURL
ドラフト・ギネス / 2005年04月18日(月)
ドラフト・ギネスの缶ビール、なんか他の缶と規格が違うな、と思い
手に取ってみたら、カンカン♪

何か入ってる!

なんと泡立ちのために缶の中に特殊なボールが入っている

缶ドラフトギネスのおいしい秘密

注いでみるとすっごいクリーミーな泡で驚いた。
家でギネスを飲むメリットはないなと思っていたがコレならアリだ。
内容量は330mlと少し少なくなっているけど、
この一味違う感はエロい。
めちゃめちゃ差別化できてる。
 
   
Posted at 23:23 / 食べ物 / この記事のURL
CSSのコメント文 / 2005年04月02日(土)
3時間くらいいじくり回してどうしてもCSSがうまく適用されない。
ウェブを回っているとどうやら日本語コメント文があるとおかしくなる場合があるらしい。

すがる思いで日本語をなくしてみると見事に直った。
コメントに日本語は使わないようにしましょう。
 
   
Posted at 13:04 / CSS / この記事のURL
FFTA公式設定資料集 THE Art of IVALICE / 2005年04月02日(土)
FFTA公式設定資料集 THE Art of IVALICE

ファイナルファンタジータクティクスアドバンスの設定資料集。
マニアな本だから発行部数が少なくて、
速攻で売り切れたものと解釈していた。

で、思い出すたびにヤフオクなどで検索していたんだけど、
ふとGoogle検索するとどうやら発売中止になっていたらしい。
スッキリ。

探している人まだいるんだろうと思いココに記しておきます。
 
   
Posted at 06:48 / 買物 / この記事のURL
ノンデザイナーズ・タイプブック / 2005年03月22日(火)

基本的なことは知っておこう、とタイトルに惹かれて買ってみたタイポグラフィーの本。 タイポグラフィー(ただし欧文組版のみで和文組版は入っていない)を扱うにあたっての、お約束、スタンダードなこと、やってはいけないこと、をカテゴリごとにまとめている。直訳調の文が面白く読むのはサクサク。ただ、あくまで欧文組版の話として「丸ごと訳しました!」というイメージで捕らえた方が良さそう。

書中で「素人臭いからやっちゃダメ!」と何度も書かれていることを表紙でやってしまっているのがちょっとなあ。けっこう台無し。全部鵜呑みにするのは怖いかも、と思ってしまう。

ノンデザイナーズ・タイプブック

 
   
Posted at 05:10 / 買物 / この記事のURL
よつばと! 3巻 / 2005年03月22日(火)

2巻にすっかりやられて買った3巻。でも2巻ほどの衝撃(というのは大げさだけど)を不思議と得られなかったのはなぜだろう。

話はもちろん面白い。花火の回も驚かされたし、やるな!と思った。 ただ2巻は圧倒的な技巧(と感じた)に打ちのめされたんだけど、 3巻は普通に面白いマンガだった。いや、それでいいんだけども。 言語化できたらまた追記しよう。

よつばと 3巻

 
   
Posted at 04:59 / 買物 / この記事のURL
  | 前へ  
 
Global Media Online INC.