アイブーで辰雄

July 09 [Sat], 2016, 8:50
ちょっと前までは一般常識として、介護士イコール女性の職業でしたが、近年ではだんだん男性が介護士になる割合も高まっています。実際の看護の現場では、患者を移動させる時や入浴を補助したりと、結構力のいる仕事も多く、女性より筋力のある男性介護士の方がより活躍できるような場面もあるでしょう。



給料の点からみると女性と変わらないのですが、女性のように出産や育児のためのブランクが生まれないので、より多くの経験を積むことが出来ます。
朝出勤して夕方帰るという仕事とは全く違い、介護士は夜勤を交代制でつとめることになります。



休日や時間休も取れますが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースがかなり多い、というのが問題となっています。
例えば出産して、小さな子供を抱える身になったらいつでも託児を引き受けてくれる場所がないと夜勤業務などは、できなくなってしまいます。
ですが、近頃は子供に手がかからなくなったためまた介護士となって復職を果たすという、そういった人が徐々に増えつつあるようです。
病気や怪我のリスクが高まる高齢者が、人口の四分の一ほども占めるようになり、近年においては一段と介護施設を利用する必要のある人たちが増えていっています。


ということはつまり、介護機関で働く介護士に関してもさらに多く必要とされていますが、現実にはどこでも常に人手不足を訴えているような状況です。ですが、物は考えようで人手が足りないのであれば、そんな状況を打開しようと、求人募集が増えますので、転職を希望している介護士にとっては、転職先を見つけやすい等の大きなメリットもあります。勤務や休みをある程度自由にすることができ、自分のやってみたい仕事や働きたい施設などをかなり自由に選択可能、というのが派遣という形で働く介護士にとっての、大きな利点ではないでしょうか。

その時限りの単発の仕事や、短期間に限った仕事とか、それに当然、長期で働ける職場も数多くあり、いろいろある中から、自分に合ったところを選べます。なので、もしも介護士の仕事を探している最中なら条件を選べる介護士派遣も、悪くはないはずですから、それを踏まえて求職してみても良いのではないでしょうか。介護士といったら、昔はほとんどが看護「婦」さん、つまり女性の仕事でした。
でも、今では介護士の名称が一般的に使われている事からも分かるように、男女共に働く職業となってきました。

実際に介護士に必要な適性を考慮しても、こうした展開は時代に沿った変化だと言えるかもしれません。女性の持つ優しさだけではなく、体力の多さや冷静な判断力、瞬発力といった要素も、これからの介護士にとって大切な要素だと言えますね。

子供のころから介護士になるのが夢だったのですが、色々と事情があって就職し、しばらくOLとして会社に勤めていました。ですが、やはり介護士になりたいという夢を諦められなかったです。資格を持たないまま看護関係の仕事に転職するということも考えましたが、ちゃんとした資格を取得して介護士として働きたいという気持ちもあり、迷っていたところ、介護の現場で看護助手としての仕事をしながら介護士の資格を取ることが出来る方法がある事が分かりました。



諦めかけていた夢を叶えられる道があると分かって、やる気が出てきました。もはや日本は超高齢化社会です。病気になったりケガをしやすい高齢者が増えることで、介護機関にかかる高齢者も年々増加の一途を辿って、介護士はさらに忙しくなっていきます。その労働環境は厳しく、繰り返す残業と夜勤で無理をしたのか、過労死してしまった介護士もいたのです。たとえ夜勤をしない日勤だけの仕事になっても、訪問介護で自宅療養中の患者をみることになったり、その訪問介護も高齢者があまりにも増えてますます介護士の需要は高まり、どうやら、介護士を巡る環境は、どこであっても厳しいみたいです。基本的に立ち仕事ですし、無数にやることもあって、大変忙しいながらも、忙しさのあまりに介護士の寿命は特別に短い、といった事実はなさそうです。



けれど、交代制ゆえに生活が不規則になるのは避けられませんから、睡眠がきちんと取れなかったり、とても疲れてしまったり、しこたまストレスを溜めこんだりしてしまいます。そんな仕事ですが、ずっと介護士をしていると、ずっと介護現場にいることもあって、何かと詳しくなってきますから、医師の患者に下す診断内容を推測してみたり、それだけでなく自分自身の身体のことも状態を自覚したりできるようになります。よくキツイと考えられがちな介護士の仕事。労働基準法に定められている8時間程度働いていればよいというようなことは個人医院またはクリニックのように、夜勤帯の勤務のないような勤務先を除いては、まれだと思います。例として、二交代制の介護施設勤務のケースだと、合間で休憩はあるのですが、全部で16時間勤務になるようなこともあります。
こういった長時間勤務の実態も世間的に、介護士として働くことが大変と思われがちな一つの根拠となっているようです。介護施設は清潔感が大切ですが、そこで働く介護士も、病気の患者と接しなければいけないので、不信感や不安を与えないために、髪形に配慮しなくてはなりません。



自分が患者なら、どのような印象の介護士に信頼を置けるかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大切です。また、介護施設によっては、髪形への規則の厳しさが変わるということを理解しておきましょう。

どこの介護機関でも介護士は不足していることが多いため、介護士の転職は比較的かんたんです。
することはまず、求人を探し、転職希望先に履歴書を送ります。履歴書による書類選考に通ったら、多くの場合は面接という形になるでしょう。

面接では、今まで勤務してきた職場における経験などについての質疑応答を織り交ぜつつ、話すことになるでしょう。


しかし、能力的なこと以外に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分も観察されることになるはずです。


人間的な良さをわかってもらえれば、かなりポイントは高いはずです。治療の補助や患者の各種ケアなど、介護士の業務は多岐に渡り、必要とされる度合いがとても高いですし、とても働きがいのある仕事であることは、間違いありません。介護施設は24時間休みなく動いていますから、そこで働く介護士も24時間不在の時間があってはなりません。



なので、日勤業務と夜勤業務に分けられて交代制を採っています。



こういった勤務形態ですから、生活リズムを上手にコントロールできなければうまく睡眠がとれなくて疲労が溜まることになります。
もし転職される場合には、ご存じのとおり、たとえ介護士であっても履歴書の持参が必要ですが、注意すべきことがあります。その注意点とは、履歴書に書くことの中でも特に志望動機をいかに書くかです。
志望動機としてどういうものが適するかというと、雇用条件または労働環境がいいということを挙げるのではなくて、技術や知識を学べるといった理由や身に着けた技術や知識が役立てられそうだからというような前向きな印象を受ける内容が適すると思います。前に勤めたことのある職場に再就職し、働いている介護士は多いですし、増えてもいます。その際ですが、職場復帰が可能かどうかについては、どういった事情で職場を辞めたかによって変わるでしょう。
例として、結婚や引っ越しで辞職したり、他には出産や育児をするために辞めた、などであるなら、簡単に出戻って復職しやすいかもしれません。こうした形で復職する介護士は、確実に増えています。それから、正職員として夜勤もこなすという働き方が難しいため、パートとして出戻ってくる人もよく見られます。皆さんご存知のように、介護士は離職者が多い職業ですので、どうしても転職率も高い数値になります。

そうした傾向を踏まえ、介護士専門の転職サイトなるものが増えつつあります。
介護士の求人に特化した転職サイトであれば、もっと簡単に希望通りの求人を探すことが出来るので、現役の介護士には最適な転職サイトだと言えるでしょう。

たくさんの転職サイトがあってどこを利用すれば良いのか分からないという時は、転職サイトをランク付けしたサイトなどもありますから、こちらを合わせて活用すると、さらに便利だと思います。介護施設が統合されたり閉鎖されたりすることが相次ぎ、医師や介護士が不足していることが問題視されているようです。夜勤等が入るため不規則な勤務の必要があり、それにプラスして急患対応も必要で、多くの介護士がかなりの重労働をこなしているといわれています。男性介護士も増えてきてはいますが、今のところはまだ女性が多い仕事場であるので、ストレスに悩まされたり、行きたいときにトイレに行けない介護士が便秘に悩まされがちというのも納得できる話でしょう。免許が必要な専門職である介護士は、それだけに転職が簡単という利点を持ちます。結婚、出産、子育て、または引っ越しなどといった単に私事からの転職もよくあるものの、そうではなく、看護技術のグレードアップなどを目指して転職をしたいという人も珍しくはないようです。こうした理由によるのであれば、はっきりした志望の動機を持っていなければ志望した介護施設に、断られてしまうこともあり得ます。



なるべくなら、特定の科で看護のスペシャリストを目指すための経験を積みたい、規模の大きな介護施設に移り、今よりも更に多くの症例に接したい、といったような志望動機のアグレッシブさをアピールできると良いかもしれません。昼夜を問わず介護施設で働き患者の状態を見る必要のある介護士は夜勤で働く必要のある仕事です。夜勤の時間帯については、2交代制か3交代制かでまた違っています。
普通、2交代勤務では夜勤の労働時間も長時間です。また、3交代勤務の場合、時間に余裕のない厳しいスケジュールを組まれることがあります。

希望する介護施設がどういった交代勤務を採用しているのか早めに調べた上で検討することをおススメします。
思い返してみると、私が介護士になりたいと思ったのはまだ中学生の頃に、職業体験というものがあったのですが、介護施設に訪問したのですが、その時そこで働いていた介護士さんに心を動かされたのが契機となりました。

将来、仕事を選ぶとき、こういった職業で働いていきたいと思ったことをきっかけに看護学校へ進み、晴れて介護士になりました。



大変なこともあるのですが、介護士になってよかったです。



一昔も二昔も前の話になりますが、介護士はいわゆる3Kなどといった部類に入る、きつい仕事であると広く考えらえていた節があります。

しかしながら、昨今、介護士と言えば苦労の多い仕事ながらも、それ相応の報酬が入るスペシャリストであることは、世間的によく知られるようになっています。

何しろ介護士の給料といえば、一人の女性が自身の稼ぎのみで、世帯収入を背負っていけるくらいの額はもらえます。

つまり介護士というのは給料の高い専門職だということです。一口に介護士といっても、その職場は多種多様で、総合介護施設から地域の診療所まで、規模が随分違います。


介護施設に限らず、保育園や介護施設といった場所も介護士の勤務先です。



一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが介護士にも言えます。総合介護施設で勤める介護士と町の診療所の診療所では年収にも差が出てきます。こうしたことを踏まえても、平均的な介護士の年収がいくらだと言うのも、難しいものだと思います。
公務員介護士になるには、勤務先を国公立の介護施設にすることです。
そもそも、介護士は専門職で長く勤務することが出来る安定した職業として高い人気がありますが、さらに公務員の待遇が付加することで安定性は確実です。具体的にどのような利点があるのかというと、福利厚生の手厚さやリストラの心配が少ないということを挙げられます。



これらは何よりも魅力的だと思います。介護士として、初めての介護施設勤務を始めた新人であったり、違う介護施設から転職によって働き始めた介護士に、現在の職場での経験が足りないという名目で、残業したことによって支払われるべき給金がきちんともらえないケースがあります。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、新人だということは何の言い訳にもならず労働基準法に反した行為です。就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、せっかく働いたのならその時間分、働いた人に支給されるべきでしょう。

国外で介護的な支援を求めている人々に、介護士として役に立ちたいという考えを持った介護士の方が増えています。実際に、日本の介護士は海外からの需要が高く、豊富な知識と笑顔で患者を支えることの出来る介護士が求められているのです。



海外で介護士とし働くためには、意思疎通をはかるためにも、英語が必要不可欠なのです。
もし、海外で介護士として活躍しようと思うのならば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。色々な働き方ができる介護士なのですが、それでも、殆どの人は介護機関で働いているわけです。介護士といえば介護施設で働くもの、というイメージがありますが他でも、介護士の仕事は色々あります。

職場となるのは、介護施設、保育園、大きな企業内などです。こういった所で介護士として働く人は実際とても多いのです。

こうして、介護施設に限らず働く場所も多いですから、自身の生活が変わっていくのに合わせて働きやすい職場へと、転職することもできるのです。


年々志望者の増える介護士ですが、この職業につくためには、専門学校であれば3年、大学なら4年といったようにそれぞれ勉強して、さらに国家試験を受けて合格しなければなりません。
この試験は毎年、ほぼ例外なく合格率9割前後をキープしているということで、ふつうに授業を受けていたなら、あまり困難に感じるようなものではないでしょう。介護士を養成する学校というのは専門学校や短大ですとか、何種類かあるのですが、この数年の様子をみると、看護学校よりも学ぶ範囲が広く、保健師や助産師といった資格取得にも役立つ4年制の看護大学を選ぶ人が多くなってきました。

介護士の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。
普通やることもたくさんあるのですが実は決まった労働時間以外にもしなければならない仕事が多くあるため、仕方なく残業することも日常茶飯事です。ですが、いかに多忙で、疲労困憊でも、患者さんやご家族に対しては笑顔でいなければなりません。

つい先ほどまで愚痴をこぼしていたとしてもぱっと笑顔を作れるのですから介護士は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。全国的に介護士が不足している現状は大きな問題です。その原因として代表的なものは、介護士の労働環境が大変つらいものだということが言えるでしょう。介護士による医師の補助行為が認められ、仕事量が増加し仕事に拘束される時間も長くなり、休みも簡単には取れません。



また、子供を出産後、夜勤で働きながらの育児は困難だとして、介護士を退職する人も珍しくありません。交代制で病棟勤務をしていると、土日も何もあったものではありませんが、土日を休みにしたければ、そうすることもできます。
交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になりますが、外来勤務に移れば、外来は土日はやっていませんから、介護士もお休みになります。何か不測の事態による緊急の出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、でも、ほぼ安定して土日は休めます。

また、個人経営のクリニックで、入院施設がないようなところであれば、そういったところは高い確率でちゃんと土日休みになっているはずです。


介護士とはどんなイメージを持たれているかといえば、白衣の天使という呼称があるほど、大体の場合には、印象良くとらえているという人が多いでしょう。
とは言え、実際の介護士の働き方を見てみると、収入面ではそう悪くはないとはいえ、夜間勤務や、長時間残業で大変な思いをしながら働いている介護士というのも少なからず存在しているのです。
肯定的側面を見るだけではなく、本質的に介護士の労働環境はどうなのか、しっかりと見極めることが重要でしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:蒼大
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる