はきだし@

January 17 [Fri], 2014, 20:37
なんとか過去からの脱出を謀ろうと思う。

幼少期にはなかっか癖が、小学校へ上がると同時くらいに出てきた。

指の皮を剥くことである。
人見知りが激しく、また病弱だったためまともに学校へ行けず孤立することも多々。
転勤族だったこともあり、尚のこと内側へ内側へと籠りがちだった。

確か癖が出始めたのは小学1年だったと思う。
休みがちだったことも祟り、授業についていけなかった。
記憶することは得意だったが、計算や実験等が苦手だった。
何とかついて行こうとするが、友人もおらず、いじめまがいのことも受けていたため、聞くことも出来ず、成績は下がる一方だった。
卑屈になっていき、次第に学校に通う回数も減っていった。
月に2度は高熱にうなされ、蕁麻疹やそのとき流行った病気に必ずかかるようになった。
また、皮膚が弱くアトピーであったため、容姿的な面でも自信を喪失していった。
この頃から漠然と「消えたい」ということを願うようになったと思う。

元気に走り回る人、笑う人、とにかく楽しそうにしてる人が妬ましかった。

痩せ細って、皮膚はガサガサ。
何度も点滴をうけていたので腕は青紫。
喋れないし、喋る相手もいない。

普通の人が普通にすることが出来ないもどかしさを身に染みて実感せざる得なかった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:いわし
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新記事
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/iwashi2580/index1_0.rdf