2005年12月
« 前の月    |    次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iwant
読者になる
Yapme!一覧
読者になる
中井 / 2005年12月01日(木)
半年ぶりに某業界の人と会った。あんなメールで誘われたのに了承する自分がよく分からなかった。それでも喜んでいる自分もいるのは分かっている。いかにも男の人の部屋でAV見ながら抱きしめられてまたよく分からないシチュエーション。久しぶりの煙草味のキスは頭がくらくらした。髭がちくちくあたるのが気持ちよかった。寝顔がちょっと可愛かった。そんななのにまだあの人の名前すら知らないんだ。いろんなものがうやむやなままだ。だけど私を胸に引き寄せる仕草とその暖かさの中ではそれでもいいやと思ってしまう。危険だ。でも気持ちいい。
 
   
Posted at 01:19 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
南房総 / 2005年09月07日(水)
ゼミ合宿行ってきた。今まで全然話したことない人ともいろいろ絡めてすごく楽しかった。スロットル氏もその中の一人。怖いイメージがあったけど、冷静でずばすばっとくるつっこみが面白いことに気づいたよ。それ以来何か妙に「もっと話したい」とか「絡みたい」とか思うようになった。「さん付けでないと呼べない」と言っていたはずなのに、苗字を呼び捨てで呼ばれたのが不思議で嬉しかった。正直気になる。何だろう。

でもふと気づいたけど、この人高校のころ好きだったあの人に似てるんだ。頭の回転早そうなところとマイペースなところ、冷静なところ。そうだ。懐かしい。あのときと同じ感覚。前はこれが恋だと思ってたけど。今はどういうことかは分からないけど。
 
   
Posted at 02:17 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
一休 / 2005年07月26日(火)
急遽誘いがあり、ゼミ長、同じゼミの友人、ゼミ長の友人さんたちと飲んだ。何かゼミ長とその友人さんたちはいろいろ激しい話をしていた。顔では笑っていたけど正直あんまりついていけない部分もあった。ゼミ長たち男性陣は「キスなんてただのコミュニケーションだから」とか「普通に付き合ってなくてもやれる」とか盛り上がっていたのだが、男の人ってみんなそんな感覚なのかな。そう思うとあの人が私にとった態度はなんだったかのな。誰にでもそういうことできるってことなのかな。じゃあ何、あのキスも抱きしめた強さも虚言でしかなかったの。いろいろと思いをめぐらしてものすごく気分が悪くなった。落ち込んだ。どうなの。どういうことなの。早くあの人からの返事が欲しい。それなのに今日も続く「新着メッセージなし」の表示。無情。
 
   
Posted at 03:17/ この記事のURL
コメント(0)
久しぶりに / 2005年07月15日(金)
今、多分、恋をしている。また例によってあいまいな状況だけど。

最近めっきり連絡が減ったこともあってまた悶々とした気分になっている。去年のことを話したら「それはもう彼氏じゃないの」って言ったよね。あの時とものすごく状況が似てるんだよ。あの人はどういうつもりで私と会ってるんだろう。また本気になったとたんに終わってしまうのだろうか。問い詰めたいと思ってもそんな勇気が無く。「連絡が減ったのは仕事が忙しいから」と言い聞かせつつも心中は穏やかならない。

あの人のくれたキスを思い出している。「次会う時までちゃんと覚えておいて」って言った深いキス。忘れたくても忘れられない。
 
   
Posted at 03:41/ この記事のURL
コメント(0)
高円寺 / 2005年04月30日(土)
前にチャットで知り合って、結構仲良くなったある人から久しぶりにメール。電話やらでまたいろいろと話して、お互い暇なので夕飯を食べることになった。んで今日よくよく話を聞いてみたらその人、私の興味ある某業界の人だということが発覚。裏話をかなり聞かせてもらった。すっごい楽しい。興味深い。まさかこんなつながりで話を聞けるようになるとは。すごい。偶然の出会いに感謝。


 
   
Posted at 02:17 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
何だかね / 2005年04月12日(火)
最近自分で自分のことがかなり痛々しいと思う。ちょっとでも誘ってくれる人を探して、少し話したかと思ったらすぐに遊びに行ったりして。それでいて会っても無意識にあの人と比べてしまっている。そして思い出している。長いまつげ、背の高い私でもすっぽり包み込んでしまう暖かい腕、関西なまりの言葉、「もっと力抜きな」と私の肩に触れた大きな手、小さな子を見守ってるような微笑、煙草味のキス。何で。何でこんなに私に染み付いてるの。貴方のこと、本当は何も知らないのに。貴方と過ごした時間よりも、会わなくなってからの時間のほうが遥かに長いのに。「痛手は時間が癒してくれる」と聞いた。もうすぐまた夏が来るけど、日に日に苦しくなるばかり。あとどれくらいこんな思いをすればいいのだろう。手を伸ばしては引っ込める、ひたすらその繰り返し。
 
   
Posted at 01:32 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
これは何だ / 2005年02月20日(日)
3日前チャットで知り合った男の子と遊びに行ってきた。「まさか本当にOKしてくれると思わなかった。俺はテスト中でもう本当精神状態やばかったから勢いで誘えたけど、何で受けてくれたの?あんまそういうことするタイプの人じゃないと思うんだけど」と言われた。正直自分でもよく分からなくて戸惑ってるんだよ。絶対こんなことしないと思ってたのに。でも多分勢い。あの人のことを忘れたいと思った。忘れるために新たな恋をしたいと思った。そのために何かしらきっかけを作りたかった。そんなところ。多分。「女の子は何かと危険だから、こういうことはもうやめたほうがいいよ」と真剣に心配する彼が面白かった。自分から誘ったくせに。人のこと言えないと思う。

映画見てご飯食べてカラオケ行ってシールとって。オーソドックスかつ健全なデート。「3日前にネットで偶然会ったばっかりなのに不思議だね」と何回も言い合った。初対面の人は苦手な性格だが、いろんな話が出来て楽しかった。何かいい友達になれそうな感じ。純粋に新たな出会いが嬉しかった。そして考えた。思い出した。いろいろと。まあそれはまた別の話。
 
   
Posted at 01:15 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
ふと / 2005年02月19日(土)
落ちた抜け毛を手にとってみて驚いた。長い。これは本当に私の髪の毛か。もう誰の毛だよって思うくらい。いつの間にこんな長くなったんだね、私の髪の毛は。

これじゃもうぱっと見ても私だって分からないかもね。あの人は短い髪の私しか知らないから。きっとどこかですれ違っても、気づかないでそのまま通り過ぎていくんだろう。それだけ会わなくなってから時間が経ったってこと。埋められない長い時間。
 
   
Posted at 02:01 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
タイトルいちいち入れるのめんどくさいねこれ / 2005年01月31日(月)
午前5時就寝11時起床。兄来訪。ツタヤから借りたCDの山を見て「平井堅ばっかり借りすぎだ」「何があったんだお前」と突っ込まれる。確かに。自分でもよく分かんないから。でもとりあえず今は割と好きだよ。ピュアーなのもエロ気味なのも。「センチメンタル」を聴いてアウアーとなっている。14時からバイト。肉をわしづかみにしたりひたすら洗い物をしたり。最近サンドイッチやその具材が、食べ物ではなくて商品にしか見えなくなってきた。喜ぶべきか悲しむべきか。

ツタヤがしょっちゅう半額セールをやってくれるもんで、ここ最近返しては借りまた返してはまた借りの繰り返し。今日はホフディランを借りてきた。ちょいとゆるすぎる感じがしないでもないけど悪くない。小宮山雄飛の声が好きだ。見た目も好きだ。メガネだし。

高校の頃好きだった人のことをふと思い出した。でもどこが好きだったのかよく思い出せない。その前に好きだった人も、その後に好きだった人も、どこが好きだったんだっけ。何かごちゃごちゃだ。これは恋と呼んでいいのか。というか恋自体がどんなもんなのかよく分かってない。はぁ。とりあえずときめきは欲しいです、はい。
 
   
Posted at 00:52 / 日記 / この記事のURL
コメント(0)
とりあえず / 2005年01月30日(日)
エヴリが激重いので仮移転先を作ってみた。
しばらく様子見て調子いいようだったら本格的に移転します。
短期になるか長期になるかは分かりませんが、まあとりあえずお世話になります。よろしくヤプログ。
 
   
Posted at 23:03 / 業務用 / この記事のURL
コメント(0)
P R
チヒロ
浮き沈みが激しい
基本的に単純
独占欲強し
妄想族
カテゴリアーカイブ
 
 
GMO MadiaHoldings, Inc.